メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「床の間の掛け軸」検索結果。

床の間の掛け軸の商品検索結果全25件中1~25件目

送料無料
沢庵宗彭和尚『雲門曰関』コロタイプ 掛け軸 書画 たくあん和尚 高僧 お坊さん 禅 お茶掛 茶道 茶の湯 床の間【版画 掛軸】【A1141】

Amazon

27,000

沢庵宗彭和尚『雲門曰関』コロタイプ 掛け軸 書画 たくあん和尚 高僧 お坊さん 禅 お茶掛 茶道 茶の湯 床の間【版画 掛軸】【A1141】

-- 商品の詳細 --■作家名:沢庵宗彭和尚■作品名:雲門曰関■技法:コロタイプ■表装サイズ:縦173×横30 (cm)■ 画サイズ :縦88×横22 (cm)■補足説明:新品 表装済み-- 作品解説 --【作品解説】■ 雲門曰関(うんもんいわくかん)■本作品は雲門文偃の公案(修行者を練磨するための試験問題)を示し、これを透過し得る禅僧が果たして天下に何人あるか、の意である。【作者略歴】■ 澤庵宗彭(たくあんそうほう)■天正元年(1573)~正保2年(1645)但馬国出石の領主山名宗詮に仕える能登守秋庭綱典の子。母は牧田氏。諱は最初秀喜、後に宗彭。但馬国宗鏡寺内の勝福寺で希先秀先について得度。その後、大徳寺の僧董甫宗仲について上京、三玄院で修行し、董甫の師である春屋宗園について諱を宗彭と改める。寛永六(1629)年には、妙心寺・大徳寺法度に対して幕府に意見書を提出し、玉室宗珀とともに処罰、出羽国上山に配流された。(紫衣事件)後に許されてからは、江戸に戻り、徳川頼房・柳生宗矩の篤い帰依を受け、江戸品川東海寺などの開山となる。墓碑は建ててはならぬ、との遺言であったためか、今品川東海寺域内にある墓は、みごとな玉垣をめぐらせた盛土の上に大きな自然石が置かれているだけで、戒名一つ刻まれていない。絶筆は『夢』の一字。書画・詩文に通じ、茶の湯(茶道)にも親しみ、また多くの墨跡を残している。※ 16092210095700 : A1141

こちらの関連商品はいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク