メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「250 250 カーペット」検索結果。

250 250 カーペットの商品検索結果全18,804件中1~60件目

約250×250cm (SUPERNAIN/スーパーナイン ウィルトン織ラグ)

ディノス

234,252

約250×250cm (SUPERNAIN/スーパーナイン ウィルトン織ラグ)

ペルシャ絨毯の伝統的な柄を織り上げたベルギー製の高密度ウールラグ。上質なラグが空間のクオリティを高めます。 ウールは保温・吸湿性に優れているため、冬場だけでなく、夏に敷いても快適に過ごせる素材です。そのウールのラグの中でもは打ち込み本数(ノット数)が約60万ノットと高密度のため、繊細な柄表現がされていて、単色調ながら奥深さと高級感が醸し出されています。【素材】天然繊維であるウールは高い保温性だけでなく、保湿・吸湿性、防汚性、難燃性などたくさんの機能を持つ優れた素材です。この商品はウールの中では比較的遊び毛が出にくいですが、ウールは短繊維のためどうしても他の素材と比べると気になる場合もあります。あそび毛が気になる場合は何度か掃除機をかけることでかなり解消されます。【ウィルトン織り】18世紀中期に英国ウイルトン市で始まった機械織りの製法のことを言います。下糸にパイル糸を絡み合わせてつくる織物なので、下生地に糸を貼り付けるタフト製法のものよりも耐久性に優れ、汚れにも強いという特性を持っています。そもそもヨーロッパでは靴で上を歩くことを前提で作られているわけですから日常使いには十分な強度持っていると言えます。【ノット数】織りの密度を表すもので一般的には1平方メートルあたりにどれくらいの織り目があるかをノット数という単位であらわします。ノット数が多ければ多いほど高密度になり耐久性と重厚感がでるだけでなく、繊細な絵柄を表現することもできるようになり、一般的には価格も高くなります。ベルギーの「LANO社」製でクオリティが高い!100年以上の歴史を持つ3つのベルギーの会社が一つになり現在のLANO社となりました。ウィルトン織ラグ、タフト織ラグ、タイルカーペット、人口芝等、一般家庭用から業務用まで幅広い商品アイテムを世界中に提供しており...

約200×250cm ASTRA(アストラ)

ディノス

46,275

約200×250cm ASTRA(アストラ)

パッチワークのようなデザインをイカット柄に仕上げたアンティーク調ウイルトンラグ。50万ノットの高密度織りがしっかりとした踏み応えと重厚感を出しています。 パッチワークのようなデザインをイカット柄に仕上げたアンティーク調ウイルトンラグ。50万ノットの高密度織りがしっかりとした踏み応えと重厚感を出しています。【素材】ポリプロピレンは耐久性に優れた軽い素材で、吸湿性がないので濡れても乾きやすく、その分お手入れがしやすい素材です。着色する場合は原料から染色するので堅牢度に優れ色落ちしにくいという特性も持っています。また他の素材に比べて遊び毛がほとんど出ないのも特徴です。【打込み数】織りの密度を表すもので一般的には1平方メートルあたりにどれくらいの織り目があるかをノット数という単位であらわします。ノット数が多ければ多いほど高密度になり耐久性と重厚感がでるだけでなく、繊細な絵柄を表現することもできるようになり、一般的には価格も高くなります。【ウィルトン織り】18世紀中期に英国ウイルトン市で始まった機械織りの製法のことを言います。下糸にパイル糸を絡み合わせてつくる織物なので、下生地に糸を貼り付けるタフト製法のものよりも耐久性に優れ、汚れにも強いという特性を持っています。そもそもヨーロッパでは靴で上を歩くことを前提で作られているわけですから日常使いには十分な強度持っていると言えます。

約200×250cm KABUL(カブール)

ディノス

135,000

約200×250cm KABUL(カブール)

ペルシャ絨毯を思わせる、絵画のような柄表現の約100万ノットの高密度なウィルトン織り。まるでシルクを使っているような肌触りです。マットからラグサイズまで多彩に。 ペルシャ絨毯のような高密度で織った約100万ノットのウィルトン織り。繊細で鮮やかなデザインと重厚で上質な風合いのハイグレードなラグです。アクリル素材は肌触りが柔らかく、特に100万ノットの打ち込み本数を誇るこの商品はまるでシルクのような風合いです。アクリルは保温性も高く吸水性が少ないので汚れが付きにくいという特性を持っています。マットサイズからラグサイズまで豊富に揃えました。小さいサイズは玄関マットとしてはもちろん、ソファ前やリビングのアクセントマットとしてもおすすめ。【打込み数】織りの密度を表すもので一般的には1平方メートルあたりにどれくらいの織り目があるかをノット数という単位であらわします。ノット数が多ければ多いほど高密度になり耐久性と重厚感がでるだけでなく、繊細な絵柄を表現することもできるようになり、一般的には価格も高くなります。【ウィルトン織りとは】18世紀より伝わる機械織りのカーペットを作る手法です。 何色もの糸を使用し、細やかな柄を精密に描き出すことができます。高密度に織り上げることで弾力性と耐久性に富み、丈夫で長持ちするのも特徴。

インテリア・家具のランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク