メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「花瓶寸胴」検索結果。

花瓶寸胴の商品検索結果全154件中1~60件目

備前焼 花瓶 花器 花入 備前焼 尺寸胴花入

器茶房 彩庵

7,128

備前焼 花瓶 花器 花入 備前焼 尺寸胴花入

ダンボール地箱入口径12.3cm 高さ31cm備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが、そのような時にも窯の火は絶えることなく様々...

備前焼 花瓶 花器 花入 備前焼 桟切 耳付寸胴花入(小)

器茶房 彩庵

6,318

備前焼 花瓶 花器 花入 備前焼 桟切 耳付寸胴花入(小)

木箱入7cm×5.2cm 高さ19cm桟切(さんぎり)金・青・灰色などのさまざまな模様。窯の隅や、器物の陰など、直接に炎や灰の当たらない、 煙に包み込まれるような場所でとれる模様。 備 前 焼締まった土肌に炎が描く、天然の美特徴 1 田土が生み出す地肌の存在感特徴 2 土と炎と偶然のたまもの 窯変の美しさ特徴 3 茶陶器にふさわしい侘びたたたずまい記念品や引出物に大人気です!丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1〜2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 平安時代に作られた須恵器をルーツとする備前焼。釉薬を掛けずに、酸化焼成によって、かたく焼き締められた赤みの強い土の味わいや、窯の中で偶然に生み出された肌合いが人気の理由です。地味で飾り気はないが、存在感があり、頼もしさをもって強く訴えかけてきます。日本人の美の原点とさえ言われる所以です。茶褐色の地肌は、土に含まれる鉄分によるもので、「田土」と呼ばれるやわらかい粘土は、粒子が細かく粘性に富んでいます。粘土は備前市の伊部地区や長船町の田んぼの底から取れ、冬に掘り出し、二年ほど風雪にさらした後、山土と黒土と混ぜ合わして使用します。 ご注文時のご注意 備前焼きは、「窯変」とは窯の中の状況によって器の素地や釉薬が、偶然に起こす変化の事で、同じ窯で、同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や、灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。

インテリア・家具のランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク