メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「花器」検索結果。

花器の商品検索結果全4,280件中1~60件目

花器・風車小

のれん・タペストリー遊彩

1,728

花器・風車小

フラワーベース(花器) ■素 材:陶器 ■作 家:うつわ工房草土(信楽) ■サイズ:約W10.0×D10.0×H8.5cm(陶器部分) ■箱付き ■手作りの為、造形・色彩などは都度、多少異なりますますので、ご了承下さい。また焼きの関係上、焼け肌の欠片落ち等が有る場合もございますので、予めご了承下さい。 ■左画像をクリックすると大きな画像が見れます ■お手入れ *ご使用の前に、お湯に浸し陶器に水分を含ませて からご使用下さい。 *欠けたり、ひび割れが発生する可能性もございま すの で、食洗機のご使用はお控え下さい。 *底部の研磨処理をしておりますが、お盆やテーブ ルに置く際、傷つける事が有りますので、引きずっ たりはしないで下さい。 和風モダンのインテリアをお考えの方にお奨めです 【この様な時にもお使い下さい】 新築祝/結婚祝/お中元・お歳暮/開店祝い/お誕生日/父の日・母の日/敬老の日/引越し祝い ■熨斗書きも、ご自由にお申し付け下さい。花器 ~信楽 うつわ工房草土~ うつわ工房草土 SOHDO 主宰 福田英明 1950.福岡県生まれ 1970.日本デザイン専門学校グラフィック科卒 1974.佐賀県窯業試験場ロクロ科卒 1975.佐賀県山内町の独立開窯 1982.佐賀県有田町に移転築窯 1984.神奈川県茅ヶ崎市にて開窯 1988.滋賀県立信楽窯業試験場釉薬科卒 1990.滋賀県立信楽窯業試験場の嘱託となる 1992.(財)滋賀県立陶芸の森の嘱託となる 1993.信楽町にて築窯 現在に至

花器・太鼓丸

のれん・タペストリー遊彩

1,836

花器・太鼓丸

フラワーベース(花器) ■素 材:陶器 ■作 家:うつわ工房草土(信楽) ■サイズ:約W4.5×D10.0×H8.5cm(陶器部分) ■箱付き ■手作りの為、造形・色彩などは都度、多少異なりますますので、ご了承下さい。また焼きの関係上、焼け肌の欠片落ち等が有る場合もございますので、予めご了承下さい。 ■左画像をクリックすると大きな画像が見れます ■お手入れ *ご使用の前に、お湯に浸し陶器に水分を含ませて からご使用下さい。 *欠けたり、ひび割れが発生する可能性もございま すの で、食洗機のご使用はお控え下さい。 *底部の研磨処理をしておりますが、お盆やテーブ ルに置く際、傷つける事が有りますので、引きずっ たりはしないで下さい。 和風モダンのインテリアをお考えの方にお奨めです 【この様な時にもお使い下さい】 新築祝/結婚祝/お中元・お歳暮/開店祝い/お誕生日/父の日・母の日/敬老の日/引越し祝い ■熨斗書きも、ご自由にお申し付け下さい。花器 ~信楽 うつわ工房草土~ うつわ工房草土 SOHDO 主宰 福田英明 1950.福岡県生まれ 1970.日本デザイン専門学校グラフィック科卒 1974.佐賀県窯業試験場ロクロ科卒 1975.佐賀県山内町の独立開窯 1982.佐賀県有田町に移転築窯 1984.神奈川県茅ヶ崎市にて開窯 1988.滋賀県立信楽窯業試験場釉薬科卒 1990.滋賀県立信楽窯業試験場の嘱託となる 1992.(財)滋賀県立陶芸の森の嘱託となる 1993.信楽町にて築窯 現在に至

花器・平ぼうず大

のれん・タペストリー遊彩

2,160

花器・平ぼうず大

フラワーベース(花器) ■素 材:陶器 ■作 家:うつわ工房草土(信楽) ■サイズ:約W9.0×D9.0×H11.3cm(陶器部分) ■箱付き ■手作りの為、造形・色彩などは都度、多少異なりますますので、ご了承下さい。また焼きの関係上、焼け肌の欠片落ち等が有る場合もございますので、予めご了承下さい。 ■左画像をクリックすると大きな画像が見れます ■お手入れ *ご使用の前に、お湯に浸し陶器に水分を含ませて からご使用下さい。 *欠けたり、ひび割れが発生する可能性もございま すの で、食洗機のご使用はお控え下さい。 *底部の研磨処理をしておりますが、お盆やテーブ ルに置く際、傷つける事が有りますので、引きずっ たりはしないで下さい。 和風モダンのインテリアをお考えの方にお奨めです 【この様な時にもお使い下さい】 新築祝/結婚祝/お中元・お歳暮/開店祝い/お誕生日/父の日・母の日/敬老の日/引越し祝い ■熨斗書きも、ご自由にお申し付け下さい。花器 ~信楽 うつわ工房草土~ うつわ工房草土 SOHDO 主宰 福田英明 1950.福岡県生まれ 1970.日本デザイン専門学校グラフィック科卒 1974.佐賀県窯業試験場ロクロ科卒 1975.佐賀県山内町の独立開窯 1982.佐賀県有田町に移転築窯 1984.神奈川県茅ヶ崎市にて開窯 1988.滋賀県立信楽窯業試験場釉薬科卒 1990.滋賀県立信楽窯業試験場の嘱託となる 1992.(財)滋賀県立陶芸の森の嘱託となる 1993.信楽町にて築窯 現在に至

ハンドメイド花器(青)

PARTICULIERE/Chardin

18,036

ハンドメイド花器(青)

↑上の画像をクリック! [拡大] ■仕様 ハンドメイドガラス製花器【青】 高さ41cm Φ7.5cm (内径6.3cm) ※ ジンジャーフラワーが入っている写真は光線の関係上黒っぽく見えますが、青色花器です。 ※ ジンジャーフラワーはついておりません。花のご購入はこちらです。 ●色違いの花器(黒)はこちらです。 ★至急、ご入り用の方は、こちらまでご連絡願います。 ★この商品は、Karimokuショールームで実物をご覧頂けます。 用途他【お誕生日】【結婚祝い】【結婚記念日】【お見舞い】【出産祝い】【ご自宅用】【開店祝い】【新築祝い】【改築祝い】【発表会】【還暦祝い】【クリスマス】【お正月】【ホワイトデー】【お歳暮】【お中元】【敬老の日】【卒業祝い】【入学祝い】【内祝い】【ギフト】【母の日】【父の日】【プレゼント】【ウエディング】【funeral】【birth】【marriage】【newshop】【アレンジ】【フラワー】【フラワーケーキ】【プリザーブドフラワーキット】【オーナメント】【壁掛け】【リース】【記念日】【合格祝い】【結婚祝い】【歓送迎会】【長寿祝い】【還暦祝い】【プリザーブドフラワー】【インテリア】【調度品】【特別価格】【プリ】【プリザーブド】【送料無料】【ビジネス】【WEDDING】【パルティキュリエール】【プリザ】【新規開店】【バレンタイン特集】

【信楽焼】岩清水耳付 花器 3710-1-2613【新品】

サンワワールド楽天市場店

10,800

【信楽焼】岩清水耳付 花器 3710-1-2613【新品】

信楽焼は、瀬戸焼・常滑焼・越前焼・丹波焼、備前焼とともに、中世からずっと続く歴史的な「日本六古窯」のひとつです。 信楽焼は、明るい赤色の焦げと透明感のある自然釉薬に大きな特徴がある、日本の伝統的焼き物です。 なかでも、信楽焼は、焼き物の原料となる粘土に含まれている、石英や長石の成分をそのまま活かして成型、焼き上げている焼き物です。 それらの成分が、白いブツブツとして器の表面に現れていることも、信楽焼ならではの特徴だといえるでしょう。 さらに、信楽焼は「たぬき」をはじめとする置物に人気がありますが、日常に使う茶器なども含め、落ち着いたイメージの商品が多いことも大きな特徴です。 幅約18.5cm 奥行き約17cm 高さ約30.5cm【受注確認のご連絡について】1.商品ご購入後、楽天より自動配信メールが配信されます。2.その後に当店から受注確認のメールが配信されます。※当店の受注確認メールが正式な受注連絡となります。万が一各メールが届かない場合は、メールアドレスの登録間違いやご利用のメール環境により、受信拒否となっている可能性がございます。登録アドレスや各受信フォルダ、メール設定など、今一度ご確認下さいませ。当店の受注確認メールが送信できない場合でも、当店で内容に問題が無いと判断した場合のみ、発送手続きを開始致します。その場合は、商品の発送をもって受注連絡並びに売買契約成立とさせて頂きます。【信楽焼】岩清水耳付 花器 3710-1-2613【新品】

送料無料
花器 花入 フラワーベース 九谷焼 9号 花瓶 銀彩 送料無料 ap4-1035

器茶房 彩庵

12,960

花器 花入 フラワーベース 九谷焼 9号 花瓶 銀彩 送料無料 ap4-1035

化粧箱入 径15×高さ27.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 9号 花瓶 銀彩 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

スポンサーリンク
スポンサーリンク