メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「花器大」検索結果。

花器大の商品検索結果全260件中1~60件目

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる付花入(桟切)

器茶房 彩庵

21,600

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる付花入(桟切)

花入 85×290(全長) 木箱 150×150×320備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花瓶 花器 備前焼 尺ヨセ角形 花入

器茶房 彩庵

7,290

花瓶 花器 備前焼 尺ヨセ角形 花入

ダンボール地箱入口径10.5cm 高さ30.5cm 備 前 焼締まった土肌に炎が描く、天然の美特徴 1 田土が生み出す地肌の存在感特徴 2 土と炎と偶然のたまもの 窯変の美しさ特徴 3 茶陶器にふさわしい侘びたたたずまい記念品や引出物に大人気です!丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 平安時代に作られた須恵器をルーツとする備前焼。釉薬を掛けずに、酸化焼成によって、かたく焼き締められた赤みの強い土の味わいや、窯の中で偶然に生み出された肌合いが人気の理由です。地味で飾り気はないが、存在感があり、頼もしさをもって強く訴えかけてきます。日本人の美の原点とさえ言われる所以です。茶褐色の地肌は、土に含まれる鉄分によるもので、「田土」と呼ばれるやわらかい粘土は、粒子が細かく粘性に富んでいます。粘土は備前市の伊部地区や長船町の田んぼの底から取れ、冬に掘り出し、二年ほど風雪にさらした後、山土と黒土と混ぜ合わして使用します。 ご注文時のご注意 備前焼きは、「窯変」とは窯の中の状況によって器の素地や釉薬が、偶然に起こす変化の事で、同じ窯で、同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や、灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。★楽天ランキング上位獲得!

送料無料
花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 小壷(胡麻)

器茶房 彩庵

32,400

花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 小壷(胡麻)

小壷 200×170 木箱 250×250×250備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(小)(守-08)

器茶房 彩庵

54,000

花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(小)(守-08)

壷 220×195 桐箱 備前焼 柴岡守作 窯変徳利36,750円 備前焼 柴岡守作 窯変酒呑12,600円 備前焼 柴岡守作 酒注15,750円 備前焼 柴岡守作 ビアマグ2客15,750円 備前焼 柴岡守作 横手急須(大)22,050円 > 備前焼 柴岡守作 壷(小)52,500円 備前焼 柴岡守作 壷(中)73,500円 備前焼 柴岡守作 壷(大)105,000円柴岡 守 プロファイル 1951年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の次男。 1973年に独立し同年県展に初入選。 伝統工芸展入賞、備前焼、日本工芸会正会員。 壺、花器、酒器、茶器、食器などを手がける。成形はろくろとたたらづくりで、登窯と穴窯を使い分け、焼きに心を配る。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようにな...

花瓶 花器 備前焼 尺切止形 花入

器茶房 彩庵

7,776

花瓶 花器 備前焼 尺切止形 花入

ダンボール地箱入口径10.5cm 高さ31cm 備 前 焼締まった土肌に炎が描く、天然の美特徴 1 田土が生み出す地肌の存在感特徴 2 土と炎と偶然のたまもの 窯変の美しさ特徴 3 茶陶器にふさわしい侘びたたたずまい記念品や引出物に大人気です!丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 平安時代に作られた須恵器をルーツとする備前焼。釉薬を掛けずに、酸化焼成によって、かたく焼き締められた赤みの強い土の味わいや、窯の中で偶然に生み出された肌合いが人気の理由です。地味で飾り気はないが、存在感があり、頼もしさをもって強く訴えかけてきます。日本人の美の原点とさえ言われる所以です。茶褐色の地肌は、土に含まれる鉄分によるもので、「田土」と呼ばれるやわらかい粘土は、粒子が細かく粘性に富んでいます。粘土は備前市の伊部地区や長船町の田んぼの底から取れ、冬に掘り出し、二年ほど風雪にさらした後、山土と黒土と混ぜ合わして使用します。 ご注文時のご注意 備前焼きは、「窯変」とは窯の中の状況によって器の素地や釉薬が、偶然に起こす変化の事で、同じ窯で、同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や、灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 筒中花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 筒中花入(桟切)

花入 90×170 木箱 200×120×120備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し フラワーベース 備前焼 舟徳利花入(桟切)

器茶房 彩庵

16,200

花器 花瓶 一輪挿し フラワーベース 備前焼 舟徳利花入(桟切)

花入 125×200 木箱 160×225×160備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 四方筒花入(桟切)

器茶房 彩庵

10,800

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 四方筒花入(桟切)

花入 76×215 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花瓶 花器 備前焼 桟切 耳付寸胴 花入(小)

器茶房 彩庵

6,318

花瓶 花器 備前焼 桟切 耳付寸胴 花入(小)

木箱入7cm×5.2cm 高さ19cm桟切(さんぎり)金・青・灰色などのさまざまな模様。窯の隅や、器物の陰など、直接に炎や灰の当たらない、 煙に包み込まれるような場所でとれる模様。 備 前 焼締まった土肌に炎が描く、天然の美特徴 1 田土が生み出す地肌の存在感特徴 2 土と炎と偶然のたまもの 窯変の美しさ特徴 3 茶陶器にふさわしい侘びたたたずまい記念品や引出物に大人気です!丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 平安時代に作られた須恵器をルーツとする備前焼。釉薬を掛けずに、酸化焼成によって、かたく焼き締められた赤みの強い土の味わいや、窯の中で偶然に生み出された肌合いが人気の理由です。地味で飾り気はないが、存在感があり、頼もしさをもって強く訴えかけてきます。日本人の美の原点とさえ言われる所以です。茶褐色の地肌は、土に含まれる鉄分によるもので、「田土」と呼ばれるやわらかい粘土は、粒子が細かく粘性に富んでいます。粘土は備前市の伊部地区や長船町の田んぼの底から取れ、冬に掘り出し、二年ほど風雪にさらした後、山土と黒土と混ぜ合わして使用します。 ご注文時のご注意 備前焼きは、「窯変」とは窯の中の状況によって器の素地や釉薬が、偶然に起こす変化の事で、同じ窯で、同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や、灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。

送料無料
【敬老の日・名入れ】益子焼。そろばん型一輪挿し。花器、華道具用品。変わった形が味を出してる!窓辺やテーブル、机の上のアクセントにいかがですか。お部屋のイメージを崩さず置くことができます。送料無料

わかさま陶芸

1,624

【敬老の日・名入れ】益子焼。そろばん型一輪挿し。花器、華道具用品。変わった形が味を出してる!窓辺やテーブル、机の上のアクセントにいかがですか。お部屋のイメージを崩さず置くことができます。送料無料

手によく馴染む、あたたかいうつわ ≫その秘密は? 一輪挿し(そろばん型) 詳細 益子焼窯元から和の花器をお届け 野の花(フラワー)が良く似合う一輪挿し(一輪さし)です。 食卓や窓辺や壁のニッチにおけるサイズ感 土の味わいが魅力の花瓶(花びん)です。 一輪挿し(そろばん型) 解説 ブランド:[粉引] メーカー:[粉引き] カテゴリー:[和 食器 陶器 器 うつわ 花びん ] 大分類:[花瓶(花びん)・花器・一輪挿し(一輪さし・一輪差し)・壁掛け] 用途:名入れ(陶器)・ラッピングも対応いたしますので、お気軽にご用命下さい。 金婚式・銀婚式 などのご両親への贈り物。 結婚記念日祝い、結婚式 の 引き出物 ( 引出物 )、内祝い、などのギフト 父の日・母の日の陶器ギフト(名入れ可能)・お世話になった方へのお返し などの気の利いたプレゼントに。 新築祝い・退職祝い 、お友達への誕生日プレゼント、出産祝 などの お祝い 、 還暦祝い・ ( 古稀 ) 古希祝い・喜寿祝い・傘寿祝い・米寿祝い、敬老の日 などの 長寿のお祝い、 御中元・御歳暮、暑中お見舞い などの シーズンギフト・季節のお祝い、 海外の方へのお土産などにも最適です。 益子焼(益子焼き)のわかさま陶芸の益子焼和 食器はギフトにも好評です。 毎日のように花束があるわけではなく、大きな花器ではちょっともてあましてしまいそう。 そんな時に、野で摘んだお花を投げ入れただけで、様になってしまう花器を探していました。 一つ一つの表情はそれぞれ微妙に違います。 だから同じデザインでも1点ものなのです! 素材 陶器 色 白、黒 寸法 幅:8.5cm前後 高さ:9.5cm前後 口径:3.5cm前後 ※一つ一つ手作りで作陶している為、多少の誤差変動がございます。 注意...

送料無料
【敬老の日・名入れ】一輪差し 花瓶。粉引きしのぎ(しのぎ(しのぎ(鎬)))【益子焼・陶器】野の花が良く似合う花器です。食卓や窓辺や壁のニッチ用のフラワーベースです

わかさま陶芸

1,512

【敬老の日・名入れ】一輪差し 花瓶。粉引きしのぎ(しのぎ(しのぎ(鎬)))【益子焼・陶器】野の花が良く似合う花器です。食卓や窓辺や壁のニッチ用のフラワーベースです

手によく馴染む、あたたかいうつわ ≫その秘密は? 粉引しのぎ(鎬)一輪さし(一輪差し) 詳細 益子焼窯元から和の花器をお届け 野の花(フラワー)が良く似合う一輪挿し(一輪さし)です。 食卓や窓辺や壁のニッチにぴったりのサイズ感。 土の味わいが魅力の一輪差しの花瓶(花びん・フラワーベース)です。 白・黒の2種類があります。 粉引しのぎ(鎬)一輪さし(一輪差し) 解説 ブランド:[粉引] メーカー:[益子焼(益子焼き)のわかさま陶芸] カテゴリー:[和 食器 陶器 器 うつわ 花びん ] 大分類:[花瓶(花びん)・花器・一輪挿し(一輪さし・一輪差し)・壁掛け] 用途:名入れ(陶器)・ラッピングも対応いたしますので、お気軽にご用命下さい。 金婚式・銀婚式 などのご両親への贈り物。 結婚記念日祝い、結婚式 の 引き出物 ( 引出物 )、内祝い、などのギフト 父の日・母の日の陶器ギフト(名入れ可能)・お世話になった方へのお返し などの気の利いたプレゼントに。 新築祝い・退職祝い 、お友達への誕生日プレゼント、出産祝 などの お祝い 、 還暦祝い・ ( 古稀 ) 古希祝い・喜寿祝い・傘寿祝い・米寿祝い、敬老の日 などの 長寿のお祝い、 御中元・御歳暮、暑中お見舞い などの シーズンギフト・季節のお祝い、 海外の方へのお土産などにも最適です。 益子焼(益子焼き)のわかさま陶芸の益子焼和 食器はギフトにも好評です。 身近に花を愛でる生活に憧れはあっても、実際に毎日のように花束があるわけではなく、大きな花器ではちょっともてあましてしまいそう。 そんな時に、野で摘んだお花を投げ入れただけで、様になってしまう花器を探していました。 ただの丸ではなく、底からひとつひとつ大胆な面取りをしてあります。 彫り模様も施してあり...

花器・風車大

のれん・タペストリー遊彩

4,860

花器・風車大

フラワーベース(花器) ■素 材:陶器 ■作 家:うつわ工房草土(信楽) ■サイズ:約W24.5×D20.0×H14.0cm ■箱付き ■手作りの為、造形・色彩などは都度、多少異なり ますますので、ご了承下さい。 ■左画像をクリックすると大きな画像が見れます ■お手入れ *ご使用の前に、お湯に浸し陶器に水分を含ませて からご使用下さい。 *欠けたり、ひび割れが発生する可能性もございま すの で、食洗機のご使用はお控え下さい。 *底部の研磨処理をしておりますが、お盆やテーブ ルに置く際、傷つける事が有りますので、引きずっ たりはしないで下さい。 和風モダンのインテリアをお考えの方にお奨めです 【この様な時にもお使い下さい】 新築祝/結婚祝/お中元・お歳暮/開店祝い/お誕生日/父の日・母の日/敬老の日/引越し祝い ■熨斗書きも、ご自由にお申し付け下さい。花器 ~信楽 うつわ工房草土~ うつわ工房草土 SOHDO 主宰 福田英明 1950.福岡県生まれ 1970.日本デザイン専門学校グラフィック科卒 1974.佐賀県窯業試験場ロクロ科卒 1975.佐賀県山内町の独立開窯 1982.佐賀県有田町に移転築窯 1984.神奈川県茅ヶ崎市にて開窯 1988.滋賀県立信楽窯業試験場釉薬科卒 1990.滋賀県立信楽窯業試験場の嘱託となる 1992.(財)滋賀県立陶芸の森の嘱託となる 1993.信楽町にて築窯 現在に至

花器・平ぼうず大

のれん・タペストリー遊彩

2,160

花器・平ぼうず大

フラワーベース(花器) ■素 材:陶器 ■作 家:うつわ工房草土(信楽) ■サイズ:約W9.0×D9.0×H11.3cm(陶器部分) ■箱付き ■手作りの為、造形・色彩などは都度、多少異なりますますので、ご了承下さい。また焼きの関係上、焼け肌の欠片落ち等が有る場合もございますので、予めご了承下さい。 ■左画像をクリックすると大きな画像が見れます ■お手入れ *ご使用の前に、お湯に浸し陶器に水分を含ませて からご使用下さい。 *欠けたり、ひび割れが発生する可能性もございま すの で、食洗機のご使用はお控え下さい。 *底部の研磨処理をしておりますが、お盆やテーブ ルに置く際、傷つける事が有りますので、引きずっ たりはしないで下さい。 和風モダンのインテリアをお考えの方にお奨めです 【この様な時にもお使い下さい】 新築祝/結婚祝/お中元・お歳暮/開店祝い/お誕生日/父の日・母の日/敬老の日/引越し祝い ■熨斗書きも、ご自由にお申し付け下さい。花器 ~信楽 うつわ工房草土~ うつわ工房草土 SOHDO 主宰 福田英明 1950.福岡県生まれ 1970.日本デザイン専門学校グラフィック科卒 1974.佐賀県窯業試験場ロクロ科卒 1975.佐賀県山内町の独立開窯 1982.佐賀県有田町に移転築窯 1984.神奈川県茅ヶ崎市にて開窯 1988.滋賀県立信楽窯業試験場釉薬科卒 1990.滋賀県立信楽窯業試験場の嘱託となる 1992.(財)滋賀県立陶芸の森の嘱託となる 1993.信楽町にて築窯 現在に至

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 つる首花入大(桟切)

器茶房 彩庵

12,960

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 つる首花入大(桟切)

花入 125×240 木箱 165×165×295★楽天ランキング上位獲得! 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

備前焼 花瓶 花器 花入 備前焼 尺寸胴花入

器茶房 彩庵

7,128

備前焼 花瓶 花器 花入 備前焼 尺寸胴花入

ダンボール地箱入口径12.3cm 高さ31cm備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

スポンサーリンク
スポンサーリンク