メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「招き猫右手」検索結果。

招き猫右手の商品検索結果全791件中1~60件目

送料無料
【九谷焼】4号招き猫 盛

使う・贈る 九谷焼専門店 陶らいふ

7,560

【九谷焼】4号招き猫 盛

【九谷焼】4号招き猫 盛【九谷焼】4号招き猫 盛 商品説明 九谷焼の大人気の縁起置物、招き猫。この招猫の製作に用いられているのが、九谷の伝統技法「盛」。業界でも数少ない盛専門の職人が、デコ盛絵具という 絵具を用いて、「一珍」と呼ばれる独自の道具を使い、立体的に描く高度な技法です。豪華絢爛な九谷焼の置物。贈り物にもおすすめです。 【招猫について】 右手を上げた招猫・・・金運招福 左手を上げた招猫・・・千客万来 【一般的な色の意味合い】 白色・・・開運招福 黒色・・・厄除け・魔除け 赤色・・・無病息災 黄色・金色・・・金運を招く 青色・・・学業成就・仕事運UP 緑色・・・安全・家内安全 ピンク色・・・恋愛成就 商品詳細情報 商品サイズ 幅8.5×奥行7.5×高さ14cm 箱の種類 紙箱 作家 九谷焼 世界に誇るジャパンクタニ伝統が生み出した五彩の美ジャパン・クタニとして、世界中から評価され、その名を馳せる九谷焼。約360年の歴史と伝統の技が、現代にも継承され、あまたの人々に長く愛され続けています。豪放華麗な色絵装飾を中心とした、独特な風格を誇る石川県金沢の伝統工芸。鮮やかに日常生活を彩ります。九谷焼の作品の魅力は、五彩(赤・緑・黄・紫・紺青)を基調とした、その独自の色彩が重なりあって生まれる重厚感にあります。北国ならではの力強い素地に、優美な色絵装飾を施し、作品を作り上げられています。手にとった時に感じる、和絵具のなめらかな質感もきっと楽しんでいただけることでしょう。独自な個性を放ちながら、生活に深く息づいていく伝統工芸品「九谷焼」。どうぞ末永くご愛用ください。 用途や贈る相手に合わせて、8種類のギフト包装紙からご選択いただけます。 熨斗のご要望があれば、お申し付けください。用途に合わせた熨斗をご用意いたします。 贈り物と共に...

七福神宝船

せともの市場

4,104

七福神宝船

高さ14cm ※ラッピングも承ります。せともの製「まねき猫」 たくさんのお願いが叶いますようにと願いをこめて、運を開き福を招く縁起のよい招き猫ちゃんをお届けいたします♪ 一般に、右手を挙げているものはお金(幸運)を、左手を挙げているものはお客さんを呼ぶといわれています。また挙げている手が高ければ高いほど良いともいいます。しかし耳を超えるほど高いものは全体のバランスが崩れてあまり形が良くありません。やはりほどほどがいいのではないでしょうか。 ちなみに招き猫の取り扱い方法!?について簡単にご説明しますと、座布団つきのものは最初はわざと座布団を敷かないんだそうです。それでお願い事が叶ったあかつきにはご褒美として座布団を敷いてあげるんだとか。(*^^*) ご注意ください! こちらアイテム数が多く在庫調整に四苦八苦しているためお届けが遅れる場合がございますのであらかじめご了承ください。 その昔、この寺は、小さなお寺で和尚さんが猫好きで自分の食をさいて猫に与えていました。ある日、タカ狩りの帰途、門前の猫に招かれ立ち寄った彦根藩主井伊直孝がお寺でお茶を飲んでいるとにわかに一転、突然の豪雨に見舞われ、あやうく難を逃れたそうです。これが縁となり井伊家の菩提寺となり、立派な諸堂が建立されました。 その吉運を招いた愛猫の冥福を祈り、猫の人形を作り、「招徳猫児」と呼ばれ今も授与されています。 大袋を背負い、人々に施しを与える遊行の僧。金運招福をもたらす菩薩様に化身。 白髪と白髭が特徴の長寿。寿命を延ばす杖をつき、不老長寿の実である桃を持つ。 大きな打出の小槌を持つ天竺の神。食を司り、家門繁栄・商売繁盛のご利益をもたらす。 琵琶を奏でる女神。学問や音楽、芸術の才を授け、商売や蓄財を助ける。 大きな鯛を抱えた商売繁盛の神であり、漁師の守護神...

【招き猫】錦彩開運招福招き猫右手上げ3.5号、陶器

せともの市場

1,620

【招き猫】錦彩開運招福招き猫右手上げ3.5号、陶器

【高さ】10.5cmせともの製「まねき猫」 たくさんのお願いが叶いますようにと願いをこめて、運を開き福を招く縁起のよい招き猫ちゃんをお届けいたします♪ 一般に、右手を挙げているものはお金(幸運)を、左手を挙げているものはお客さんを呼ぶといわれています。また挙げている手が高ければ高いほど良いともいいます。しかし耳を超えるほど高いものは全体のバランスが崩れてあまり形が良くありません。やはりほどほどがいいのではないでしょうか。 ちなみに招き猫の取り扱い方法!?について簡単にご説明しますと、座布団つきのものは最初はわざと座布団を敷かないんだそうです。それでお願い事が叶ったあかつきにはご褒美として座布団を敷いてあげるんだとか。(*^^*) ご注意ください! こちらアイテム数が多く在庫調整に四苦八苦しているためお届けが遅れる場合がございますのであらかじめご了承ください。 その昔、この寺は、小さなお寺で和尚さんが猫好きで自分の食をさいて猫に与えていました。ある日、タカ狩りの帰途、門前の猫に招かれ立ち寄った彦根藩主井伊直孝がお寺でお茶を飲んでいるとにわかに一転、突然の豪雨に見舞われ、あやうく難を逃れたそうです。これが縁となり井伊家の菩提寺となり、立派な諸堂が建立されました。 その吉運を招いた愛猫の冥福を祈り、猫の人形を作り、「招徳猫児」と呼ばれ今も授与されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク