メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「招き猫九谷焼」検索結果。

招き猫九谷焼の商品検索結果全359件中1~60件目

九谷焼 丸形 ふくろう(不苦労) 黒盛(フクロウ 置物)

和座 和風空間創造工房

4,104

九谷焼 丸形 ふくろう(不苦労) 黒盛(フクロウ 置物)

こんな時にお薦めです 記念品/結婚祝い/金婚御祝い/新築祝/誕生日プレゼント/上場記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日/お中元/お歳暮などの贈り物に最適 【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >> 縁起置物全種類 >> ふくろう置物一覧 ふくろうの置物は世界中で幸運の鳥として大切にされているモチーフですが日本では、不苦労や福来朗などの語呂合わせや「福来」(福が来るの意味)「福籠」(福が籠にたくさんつまった様子)「福老」(幸福に年をとる)などのように縁起ものとして愛されるモチーフです。また夜行性ということ家の守り神や番人、夜目が利くことから先見の明あるとも言われています。海外では「知恵の神」「文芸の神」「森の護り神」とされています。 九谷焼のふくろうの置物が登場したのは近年になってからです。もともと招き猫等の縁起物が作られていた経緯から世界中で愛されている縁起物ふくろうをモチーフに置物専門の窯元により製作されたのが始まりです。しかし誕生から間もない九谷焼のふくろうですが、あっという間に縁起物のスタンダードとなり大切な記念日の記念の御品としてご支持頂いております。ふくろうという愛らしいモチーフ、九谷焼の置物ならではの鮮やかかつ斬新な色彩、デザインの融合が単に縁起物という枠ではなくアートオブジェとしての価値も高いことが人気の要因だと思います。一生に一度の大切な記念日に贈る記憶に残る御品としてお選び頂ければ幸いです。 九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物」と言われる事が多い。まさにその通りだと思います。三百五十年以上も前に、この石川県の地で焼物が作られたが鉄分を多く含む陶石を使っていたことからその性質上、真白な色の焼物にならず見栄えを良くする為に絵が描かれ...

送料無料
九谷焼 招き猫 茶トラ(右手)( 九谷 置物 )

和座 和風空間創造工房

4,860

九谷焼 招き猫 茶トラ(右手)( 九谷 置物 )

こんな時にお薦めです 記念品/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/上場記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日などの贈り物に最適【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >> 縁起置物全種類 >> 招き猫一覧 手の平の上に乗る小ぶりなサイズの招き猫です。コロンとまん丸なボディにつぶらな瞳、茶トラ柄のデザインは猫好きな方にもお薦めの招き猫かと思います。日本に数ある招き猫の中でも九谷焼の招き猫は、その彩色の美しさ、いわゆる豪華絢爛な雰囲気からご商売をされている皆様より絶大な支持を頂いている招き猫でございます。また装飾性の高さから海外でも人気が高く「manekineko」としてコレクションされている皆様よりもアート要素の強い招き猫として高い評価を頂いてます。古き良き日本の文化としてこれからも多くの方々に愛して頂ける招き猫であって欲しいと願っております。 招き猫、縁起物の中でも特に古来より日本人に愛されてきた縁起物であることは間違いありません。そして招き猫の中でも九谷焼の招き猫は特に金運に良いとされ多くの商い人により大切にされ今日に至ります。栄華を誇った加賀百万石の時代・歴史を歩んできた事も、そう語り継がれる要因の一つと云われています。 九谷焼には置物を専門に製作する職人がいます。生活空間の欧米化にともない置物を飾る場所や習慣が減少傾向にある現在、置物製作に携わる職人の数もそれにともない減ってきています。非常に高度な造形技術、そして彩色技術を必要とされる専門的な仕事を完全にこなせる熟練した職人は現代では大変希少な存在です。また技術の習得に時間を必要とする為、若手後継者が少ないのも事実です。しかし近年、再び縁起物という日本古来のパワーアイテムが注目され始めたことで...

送料無料
九谷焼 招き猫 元祖白盛 右手・左手セット ちび招き猫シリーズ( 九谷 置物 )

和座 和風空間創造工房

5,400

九谷焼 招き猫 元祖白盛 右手・左手セット ちび招き猫シリーズ( 九谷 置物 )

こんな時にお薦めです 記念品/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/上場記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日などの贈り物に最適【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >> 縁起置物一覧 >> 招き猫一覧 >> ちび招き猫シリーズ一覧 累計販売数1万匹突破のちび招き猫シリーズも最初は、この「白盛(しろもり)」と呼ばれる1種類の小さな招き猫ちゃんがスタートでした。偶然、知り合いの窯元で出逢ったこの招き猫、その円らな瞳とデコラティブなデザインが気になり自分で購入してみました。それまで九谷焼の置物にはあまり興味を持っていなかった私ですが九谷焼の置物ならではの絵付技法、盛(もり)技法の魅力や古来から日本で愛されてきた縁起物の謂れなどの奥深さに徐々に魅了され今に至ります。2004年、春、この白盛の招き猫が当初、売れるか売れないか判らない時に九谷焼の置物の魅力を伝えるべく常連様にメールマガジンで熱く語らせて頂いた結果、多くの皆様のご協力もあり初回準備数100匹を完売することができ、その勢いのまま累計販売数1万匹突破という実績を作ることができました。絶滅寸前だった九谷焼の置物ですが皆様のおかげでようやく光が差し始めました。 写真左:九谷焼の置物ならではの絵付技法、凸盛(でこもり)技法によってデコラティブな文様が施されています。 写真中:手乗りサイズの招き猫ですが絵付は大きな招き猫と変わらない精度で完璧に描かれています。 写真右:背面にもしっかりと盛(もり)技法で描かれています。まさしく猫背と呼ぶに相応しい丸みも魅力。 翌日配送「あす楽」ご利用条件(必ずお読み下さい) 作品のお取り扱い方法 乾いた布巾で軽くホコリを拭き取る程度でOKです...

スポンサーリンク
スポンサーリンク