メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「大道寺光弘」検索結果。

大道寺光弘の商品検索結果全8件中1~8件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
布袋様の置物 木彫風布袋 般若純一郎作品 高岡銅器通販/送料無料

美術工芸の檜屋

194,400

布袋様の置物 木彫風布袋 般若純一郎作品 高岡銅器通販/送料無料

高岡銅器 布袋様の置物 木彫風布袋 作家 般若純一郎(原型・物故) 作者詳細 米治一氏に師事し彫塑技術を修得。 昭和40年 高岡市展 市長賞高嶺賞受賞 他県展・市展10回入選 日展初入選 以後数回入選 代表作 武蔵小杉駅前噴水(東京) 千葉城鯱(千葉) 金森法印長近公像(高山市) 大日蓮聖人像(佐渡) 他多数 材質 銅製 寸法 幅48×奥行27×高42cm 七福神 について [恵比須] 商業・漁業・海上の守護神、福利を招来する神。 [大黒] 福徳の神として民間に信仰される。 [布袋] 弥勒(みろく)の化身として尊ばれる。十八羅漢の一人。 [寿老人] 長寿を授ける神。福禄寿と同体異名の神といわれる。 [毘沙門天] 仏法の守護神、北方を守る。多聞天。四天王の一人。 [福禄寿] 幸福と俸給の神。福・禄・寿の三徳をそなえている。 [弁財天] 音楽・弁舌・福徳・知恵などを与える財福の神。 高岡銅器の和風置物 長い年月を経て受け継がれた造形美には確かな風格が息づいています。高岡銅器の豊かな表現力が、招福の縁起物や魔除けの守護神、そしてインテリア置物にと伝統の魅力を暮らしの中に伝えます。 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
弁天さまの置物 木彫風弁財天 般若純一郎作品 高岡銅器通販/送料無料

美術工芸の檜屋

194,400

弁天さまの置物 木彫風弁財天 般若純一郎作品 高岡銅器通販/送料無料

高岡銅器 弁天様の置物 木彫風弁財天 作家 般若純一郎(原型・物故) 作者詳細 米治一氏に師事し彫塑技術を修得。 昭和40年 高岡市展 市長賞高嶺賞受賞 他県展・市展10回入選 日展初入選 以後数回入選 代表作 武蔵小杉駅前噴水(東京) 千葉城鯱(千葉) 金森法印長近公像(高山市) 大日蓮聖人像(佐渡) 他多数 材質 銅製 寸法 幅27×奥行21×高52cm 七福神 について [恵比須] 商業・漁業・海上の守護神、福利を招来する神。 [大黒] 福徳の神として民間に信仰される。 [布袋] 弥勒(みろく)の化身として尊ばれる。十八羅漢の一人。 [寿老人] 長寿を授ける神。福禄寿と同体異名の神といわれる。 [毘沙門天] 仏法の守護神、北方を守る。多聞天。四天王の一人。 [福禄寿] 幸福と俸給の神。福・禄・寿の三徳をそなえている。 [弁財天] 音楽・弁舌・福徳・知恵などを与える財福の神。 高岡銅器の和風置物 長い年月を経て受け継がれた造形美には確かな風格が息づいています。高岡銅器の豊かな表現力が、招福の縁起物や魔除けの守護神、そしてインテリア置物にと伝統の魅力を暮らしの中に伝えます。 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高岡銅器 馬の置物/大献公10号 般若純一郎作品 送料無料

美術工芸の檜屋

118,800

高岡銅器 馬の置物/大献公10号 般若純一郎作品 送料無料

高岡銅器馬の置物 大献公10号 馬の解説 中国やギリシャ、ローマ、インド、バビロニアやヘブライなどの神話に天馬伝説があり、日本では古来神が馬に乗って降臨するという信仰からその馬蹄の跡を残した石の伝説「馬蹄石」の伝説が各地に見られます。また実際に、馬は古来より社会的、軍事的に重要な意味を持ち、王や貴族に属するものとして尊重され神聖視されました。 作家 般若純一郎(原型・物故) 作者略歴 米治一氏に師事し彫塑技術を修得。 昭和40年 高岡市展 市長賞高嶺賞受賞 他県展・市展10回入選 日展初入選 以後数回入選 代表作 武蔵小杉駅前噴水(東京) 千葉城鯱(千葉) 金森法印長近公像(高山市) 大日蓮聖人像(佐渡) 他多数 材質 銅製(メッキ) 寸法 幅37×奥行14×高33cm 高岡銅器の和風置物 長い年月を経て受け継がれた造形美には確かな風格が息づいています。高岡銅器の豊かな表現力が、招福の縁起物や魔除けの守護神、そしてインテリア置物にと伝統の魅力を暮らしの中に伝えます。 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高岡銅器 馬の置物/大献公15号 般若純一郎作品 送料無料

美術工芸の檜屋

216,000

高岡銅器 馬の置物/大献公15号 般若純一郎作品 送料無料

高岡銅器馬の置物 大献公15号 馬の解説 中国やギリシャ、ローマ、インド、バビロニアやヘブライなどの神話に天馬伝説があり、日本では古来神が馬に乗って降臨するという信仰からその馬蹄の跡を残した石の伝説「馬蹄石」の伝説が各地に見られます。また実際に、馬は古来より社会的、軍事的に重要な意味を持ち、王や貴族に属するものとして尊重され神聖視されました。 作家 般若純一郎(原型・物故) 作者略歴 米治一氏に師事し彫塑技術を修得。 昭和40年 高岡市展 市長賞高嶺賞受賞 他県展・市展10回入選 日展初入選 以後数回入選 代表作 武蔵小杉駅前噴水(東京) 千葉城鯱(千葉) 金森法印長近公像(高山市) 大日蓮聖人像(佐渡) 他多数 材質 銅製(メッキ) 寸法 幅50×奥行19×高48cm 高岡銅器の和風置物 長い年月を経て受け継がれた造形美には確かな風格が息づいています。高岡銅器の豊かな表現力が、招福の縁起物や魔除けの守護神、そしてインテリア置物にと伝統の魅力を暮らしの中に伝えます。 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高岡銅器の干支置物 猿(申)の置物/慈愛 津田大寿作品 桐箱付

美術工芸の檜屋

145,800

高岡銅器の干支置物 猿(申)の置物/慈愛 津田大寿作品 桐箱付

高岡銅器の干支 猿(申)の置物 慈愛 猿の縁起 猿は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、サルは去るというところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、申(さる)の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長からサルと呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 作家 津田大寿(鋳金・物故) 作者詳細 明治33年 東京美術学校鋳金科卒 大正8年 東京美術学校教授となる。 大正12年~14年、文部省の命により鋳金術および金工術研究のため欧米各国を歴遊。帰国後、ヨーロッパ工芸の新しい動向を広く紹介し、昭和2年、帝展工芸部の設置に尽力するなど、日本工芸界の発展に多大な功績を残した。 昭和21年 逝去 日本工芸美術会主宰 帝国美術院会員 帝国芸術院会員 材質 銅製 本体寸法 幅14.5×奥行19.6×高19cm 板寸法 21×14cm 特典 木台・桐箱付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
干支・酉(鶏)の置物/栄光 三枝惣太郎作品/高岡銅器の置物

美術工芸の檜屋

10,800

干支・酉(鶏)の置物/栄光 三枝惣太郎作品/高岡銅器の置物

高岡銅器の干支 酉(鶏)の置物 栄光 酉の縁起 神の使いであるとされる酉は、時を知らせる役割を持ち、十二支の中でも、とくに家禽として古来より親しまれてきました。 声高らかに夜明けを告げ、羽毛の下で命の恵みを温め、 せわしく啄むさまは、勤勉なる日々の尊さを象徴し、 豊かな富を“とりこむ"酉として崇められてきました。 商売に縁起の良い干支とされ、貴家の末永い幸せと健康を招く縁起物の置物です。 作家 三枝惣太郎 略歴 昭和9年 第15回帝展第三部彫刻部 初入選 以来、帝展・文展・日展・新日展に連続出品(連続入選) 第8回構造社展(洋画)初入選 以来、連続出品 昭和10年 東京芸術大学卒業 昭和16年 構造社会員となる 日展名古屋展中日賞受賞 名古屋タイムス秀抜展 秀選展出品 紺綬褒章受章 日展会友 日本美術家連盟会員 日本彫塑会会員 新構造社(絵画)会員 東海彫塑会会員 名古屋芸術大学美術学部 名誉教授平成18年逝去 材質 鋳鉄製 本体寸法 幅13.5×奥行5.5×高19cm 板寸法 幅23.5×奥行12.5×高2cm 特典 PC台付・立札付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超えて、現代の様々な生活シーンを演出致します。

干支 酉の置物/繁栄・小 三枝惣太郎作品/高岡銅器の置物

美術工芸の檜屋

3,240

干支 酉の置物/繁栄・小 三枝惣太郎作品/高岡銅器の置物

高岡銅器の干支 酉(鶏)の置物 繁栄・小 酉の縁起 神の使いであるとされる酉は、時を知らせる役割を持ち、十二支の中でも、とくに家禽として古来より親しまれてきました。 声高らかに夜明けを告げ、羽毛の下で命の恵みを温め、 せわしく啄むさまは、勤勉なる日々の尊さを象徴し、 豊かな富を“とりこむ"酉として崇められてきました。 商売に縁起の良い干支とされ、貴家の末永い幸せと健康を招く縁起物の置物です。 作家 三枝惣太郎 略歴 昭和9年 第15回帝展第三部彫刻部 初入選 以来、帝展・文展・日展・新日展に連続出品(連続入選) 第8回構造社展(洋画)初入選 以来、連続出品 昭和10年 東京芸術大学卒業 昭和16年 構造社会員となる 日展名古屋展中日賞受賞 名古屋タイムス秀抜展 秀選展出品 紺綬褒章受章 日展会友 日本美術家連盟会員 日本彫塑会会員 新構造社(絵画)会員 東海彫塑会会員 名古屋芸術大学美術学部 名誉教授平成18年逝去 材質 アルミ製 本体寸法 幅7.5×奥行4.5×高7.5cm 板寸法 幅11.5×奥行8×高1cm 特典 PC台付・立札付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超えて、現代の様々な生活シーンを演出致します。

送料無料
申(猿)の置物 曙光/干支の置物 正晴作品/高岡銅器

美術工芸の檜屋

27,000

申(猿)の置物 曙光/干支の置物 正晴作品/高岡銅器

高岡銅器の干支 申(猿)の置物 曙光 猿の縁起 「猿」は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、「サル」は「去る」というところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、「申(さる)」の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長から「サル」と呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社(愛知県)に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 作者 正晴 材質 銅製 本体寸法 幅14.6×奥行7×高11.4cm 板寸法 24×11cm 特典 木台・桐箱付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
馬 置物/勇馬27号 般若純一郎作品 高岡銅器の馬 置物

美術工芸の檜屋

540,000

馬 置物/勇馬27号 般若純一郎作品 高岡銅器の馬 置物

高岡銅器馬の置物 勇馬27号 馬の解説 中国やギリシャ、ローマ、インド、バビロニアやヘブライなどの神話に天馬伝説があり、日本では古来神が馬に乗って降臨するという信仰からその馬蹄の跡を残した石の伝説「馬蹄石」の伝説が各地に見られます。また実際に、馬は古来より社会的、軍事的に重要な意味を持ち、王や貴族に属するものとして尊重され神聖視されました。 作家 般若純一郎(原型・物故) 作者略歴 米治一氏に師事し彫塑技術を修得。 昭和40年 高岡市展 市長賞高嶺賞受賞 他県展・市展10回入選 日展初入選 以後数回入選 代表作 武蔵小杉駅前噴水(東京) 千葉城鯱(千葉) 金森法印長近公像(高山市) 大日蓮聖人像(佐渡) 他多数 材質 銅製 寸法 幅114×奥行26×高82.5cm 高岡銅器の和風置物 長い年月を経て受け継がれた造形美には確かな風格が息づいています。高岡銅器の豊かな表現力が、招福の縁起物や魔除けの守護神、そしてインテリア置物にと伝統の魅力を暮らしの中に伝えます。 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高岡銅器 馬の置物/瑞祥 特大 渡辺環水作品 送料無料

美術工芸の檜屋

108,000

高岡銅器 馬の置物/瑞祥 特大 渡辺環水作品 送料無料

高岡銅器馬の置物 瑞祥 特大 馬の解説 中国やギリシャ、ローマ、インド、バビロニアやヘブライなどの神話に天馬伝説があり、日本では古来神が馬に乗って降臨するという信仰からその馬蹄の跡を残した石の伝説「馬蹄石」の伝説が各地に見られます。また実際に、馬は古来より社会的、軍事的に重要な意味を持ち、王や貴族に属するものとして尊重され神聖視されました。 作家 渡辺環水(鋳金・日展会友・物故) 作者略歴 父・和三郎氏に師事し蝋型、焼型鋳造技法を修業。 昭和43年 日展初入選 以後連続入選。 昭和45年 日本現代工芸展入選 以後連続入選 昭和48年 日本現代工芸海外選抜展出品 昭和50年 日本現代工芸展 現代工芸賞受賞 昭和51年 日本現代工芸海外選抜展出品 昭和55年 日展 特選受賞 昭和64年 日展 特選受賞 平成26年 逝去 材質 銅製 寸法 幅41×奥行9×高31cm 特典 塗板・化粧箱付 高岡銅器の和風置物 長い年月を経て受け継がれた造形美には確かな風格が息づいています。高岡銅器の豊かな表現力が、招福の縁起物や魔除けの守護神、そしてインテリア置物にと伝統の魅力を暮らしの中に伝えます。 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
高村光雲作品/恵比須大黒天 明治の巨匠 高村光雲作品 桐箱付 高岡銅器通販

美術工芸の檜屋

135,000

高村光雲作品/恵比須大黒天 明治の巨匠 高村光雲作品 桐箱付 高岡銅器通販

高岡銅器の高村光雲原型 恵比須 大黒天 高村光雲の解説 高村光雲の作品の数々は、まさに明治の躍動する魂そのものの力強さであり、また見る人を神秘の世界へと誘い込む、美の化身ともいうべき優しさが感じられます。ここに高村家の御厚意により、門外不出の名作の中から特によりすぐり、蔵出しをし、最高の鋳造技術をもって、その一刀一刀に及ぶ妙味を再現いたしました。又、作品すべての桐箱には高村光雲が使用していた落款を捺印させていただいております。 作家 高村光雲(彫刻)物故 作者略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 銅製 寸法 恵比須:幅11.2×奥行8.5×高13.7cm大黒天:幅10.2×奥行11×高13.5cm 特典 塗板・桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
2016年干支・申(猿)の置物/瑞春 村田宏作品/高岡銅器の置物

美術工芸の檜屋

21,600

2016年干支・申(猿)の置物/瑞春 村田宏作品/高岡銅器の置物

高岡銅器の干支 申(猿)の置物 瑞春 猿の縁起 「猿」は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、「サル」は「去る」というところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、「申(さる)」の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長から「サル」と呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社(愛知県)に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 作家 村田宏 作者略歴 日展評議員村田吉生氏に師事し原型(ペンモールド)を修業。 昭和27年より高岡市金属技術指導所に勤務。 昭和43年退所まで銅器業界の鋳造技術・デザインの指導にあたる。 昭和33年 高岡市展 高岡市長賞受賞 日展初入選 以後6回入選 昭和39年 日本現代工芸展 初入選 以後数回入選 昭和58年 高岡地域地場産業センター内、ミニ御車 山金具製作責任者 材質 銅製 本体寸法 幅12.5×奥行5.5×高9cm 板寸法 16×8cm 特典 木台付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

2017年 干支・酉(鶏)の置物/繁栄・大 三枝惣太郎作品/高岡銅器の縁起干支

美術工芸の檜屋

5,400

2017年 干支・酉(鶏)の置物/繁栄・大 三枝惣太郎作品/高岡銅器の縁起干支

高岡銅器の干支 酉(鶏)の置物 繁栄・大 酉の縁起 神の使いであるとされる酉は、時を知らせる役割を持ち、十二支の中でも、とくに家禽として古来より親しまれてきました。 声高らかに夜明けを告げ、羽毛の下で命の恵みを温め、 せわしく啄むさまは、勤勉なる日々の尊さを象徴し、 豊かな富を“とりこむ"酉として崇められてきました。 商売に縁起の良い干支とされ、貴家の末永い幸せと健康を招く縁起物の置物です。 作家 三枝惣太郎 略歴 昭和9年 第15回帝展第三部彫刻部 初入選 以来、帝展・文展・日展・新日展に連続出品(連続入選) 第8回構造社展(洋画)初入選 以来、連続出品 昭和10年 東京芸術大学卒業 昭和16年 構造社会員となる 日展名古屋展中日賞受賞 名古屋タイムス秀抜展 秀選展出品 紺綬褒章受章 日展会友 日本美術家連盟会員 日本彫塑会会員 新構造社(絵画)会員 東海彫塑会会員 名古屋芸術大学美術学部 名誉教授平成18年逝去 材質 アルミ製 本体寸法 幅11.5×奥行5×高11cm 板寸法 幅13.5×奥行20×高2cm 特典 PC台付・立札付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超えて、現代の様々な生活シーンを演出致します。

送料無料
平成二十八年干支・申(猿)の置物/のどか 村田宏作品/高岡銅器の置物

美術工芸の檜屋

16,200

平成二十八年干支・申(猿)の置物/のどか 村田宏作品/高岡銅器の置物

高岡銅器の干支 申(猿)の置物 のどか 猿の縁起 「猿」は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、「サル」は「去る」というところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、「申(さる)」の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長から「サル」と呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社(愛知県)に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 作家 村田宏 作者略歴 日展評議員村田吉生氏に師事し原型(ペンモールド)を修業。 昭和27年より高岡市金属技術指導所に勤務。 昭和43年退所まで銅器業界の鋳造技術・デザインの指導にあたる。 昭和33年 高岡市展 高岡市長賞受賞 日展初入選 以後6回入選 昭和39年 日本現代工芸展 初入選 以後数回入選 昭和58年 高岡地域地場産業センター内、ミニ御車 山金具製作責任者 材質 銅製 本体寸法 幅7.5×奥行5.5×高10cm 板寸法 16×8cm 特典 木台付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク