メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「備前焼大壷」検索結果。

備前焼大壷の商品検索結果全20件中1~20件目

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 筒中花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 筒中花入(桟切)

花入 90×170 木箱 200×120×120備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 四方筒花入(桟切)

器茶房 彩庵

10,800

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 四方筒花入(桟切)

花入 76×215 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(小)(守-08)

器茶房 彩庵

54,000

花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(小)(守-08)

壷 220×195 桐箱 備前焼 柴岡守作 窯変徳利36,750円 備前焼 柴岡守作 窯変酒呑12,600円 備前焼 柴岡守作 酒注15,750円 備前焼 柴岡守作 ビアマグ2客15,750円 備前焼 柴岡守作 横手急須(大)22,050円 > 備前焼 柴岡守作 壷(小)52,500円 備前焼 柴岡守作 壷(中)73,500円 備前焼 柴岡守作 壷(大)105,000円柴岡 守 プロファイル 1951年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の次男。 1973年に独立し同年県展に初入選。 伝統工芸展入賞、備前焼、日本工芸会正会員。 壺、花器、酒器、茶器、食器などを手がける。成形はろくろとたたらづくりで、登窯と穴窯を使い分け、焼きに心を配る。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようにな...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 手桶花入(桟切)

器茶房 彩庵

32,400

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 手桶花入(桟切)

花入 130×260 木箱 165×165×295備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(大)(守-10)

器茶房 彩庵

108,000

花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(大)(守-10)

壷 280×270 桐箱 備前焼 柴岡守作 窯変徳利36,750円 備前焼 柴岡守作 窯変酒呑12,600円 備前焼 柴岡守作 酒注15,750円 備前焼 柴岡守作 ビアマグ2客15,750円 備前焼 柴岡守作 横手急須(大)22,050円 > 備前焼 柴岡守作 壷(小)52,500円 備前焼 柴岡守作 壷(中)73,500円 備前焼 柴岡守作 壷(大)105,000円柴岡 守 プロファイル 1951年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の次男。 1973年に独立し同年県展に初入選。 伝統工芸展入賞、備前焼、日本工芸会正会員。 壺、花器、酒器、茶器、食器などを手がける。成形はろくろとたたらづくりで、登窯と穴窯を使い分け、焼きに心を配る。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようにな...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 つる首花入大(桟切)

器茶房 彩庵

12,960

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 つる首花入大(桟切)

花入 125×240 木箱 165×165×295★楽天ランキング上位獲得! 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる付花入(桟切)

器茶房 彩庵

21,600

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる付花入(桟切)

花入 85×290(全長) 木箱 150×150×320備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 面取筒花入(桟切)

器茶房 彩庵

14,040

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 面取筒花入(桟切)

花入 75×215 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(窯変)

器茶房 彩庵

43,200

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(窯変)

花入 130×240 木箱 165×165×295備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 花びん 一輪挿し 備前焼 筒花入(桟切)

器茶房 彩庵

10,800

花器 花瓶 花びん 一輪挿し 備前焼 筒花入(桟切)

花入 83×220 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花器 花瓶 花びん 一輪挿し 備前焼 竹花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 花びん 一輪挿し 備前焼 竹花入(桟切)

花入 80×200 木箱 230×110×110備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 小壷(胡麻)

器茶房 彩庵

32,400

花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 小壷(胡麻)

小壷 200×170 木箱 250×250×250備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる首花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる首花入(桟切)

花入 100×95×210 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 手付中花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 手付中花入(桟切)

花入 80×160 木箱 200×120×120備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花瓶 花器 花入 一輪挿し 備前焼 小花入ひさご(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花瓶 花器 花入 一輪挿し 備前焼 小花入ひさご(桟切)

花入 100×130 木箱 110×110×165備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

一輪挿し 花器 花瓶 備前焼 小花入耳付(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

一輪挿し 花器 花瓶 備前焼 小花入耳付(桟切)

花入 100×130 木箱 110×110×165備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 手桶中花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 手桶中花入(桟切)

花入 95×150 木箱 200×120×120備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(桟切)

器茶房 彩庵

27,000

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(桟切)

花入 125×240 木箱 165×165×295備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる付中花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる付中花入(桟切)

花入 80×220 木箱 230×110×110備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 中花入(耳付)(桟切)

器茶房 彩庵

10,800

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 中花入(耳付)(桟切)

花入 100×180 木箱 200×120×120備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 木村微風作 手付花入(微風-10)

器茶房 彩庵

32,400

花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 木村微風作 手付花入(微風-10)

花入 150×230 桐箱 備前焼 木村微風作 徳利36,750円 備前焼 木村微風作 酒呑10,500円 備前焼 木村微風作 ジョッキ12,600円 備前焼 木村微風作手ひねりカップセット14,700円 備前焼 木村微風作コロコロ鉢セット10,500円 備前焼 木村微風作コーヒーカップセット15,750円 備前焼 木村微風作 窓開き花入11,550円 備前焼 木村微風作 付花入31,500円 備前焼 木村微風作 後手急須26,250円木村 微風 プロファイル 1951年、岡山県浅口郡生まれ。 1971年より作陶を始める。 温かみのある職人的な手仕事の世界に憧れ陶芸家を目指す。 作品は花器、酒器、日常使用される食器などと幅広い。 作品は多くの雑誌 やテレビでも取り上げられ、日本とアメリカの両方で個展を開催している。 日本伝統中国支部展、日本陶芸展、茶の湯造形展、岡山美術展などで受賞して いる。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この...

送料無料
花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 らっきょ花入(創-10)

器茶房 彩庵

19,440

花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 らっきょ花入(創-10)

花入 120×220 桐箱 備前焼 伊勢崎創 作徳利12,600円 備前焼 伊勢崎創 作酒呑8,400円 備前焼 伊勢崎創 作麦酒呑2個組8,400円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(小)二枚組12,600円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(大)二枚組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作小鉢 二個組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作瓢掛花入15,750円 備前焼 伊勢崎創 作らっきょ花入18,900円 備前焼 伊勢崎創 作花器63,000円伊勢崎 創 プロファイル 昭和43年 伊勢崎 満(岡山県重要無形文化財保持者)の三男としてうまれる 昭和62年 県立岡山工業デザイン科卒業 山下譲治に師事 ろくろ形成が主体で、稜線を生かした花器、扁壺など造形的な作品のほか、水指、茶入などの茶道具も手掛ける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用され...

送料無料
花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 岡部享憲 作 手付花入(岡部-03)

器茶房 彩庵

10,800

花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 岡部享憲 作 手付花入(岡部-03)

花入 90×180 紙箱 備前焼 岡部享憲 作舟形鉢(深)8,400円 備前焼 岡部享憲 作長方皿(大)8,400円 備前焼 岡部享憲 作珈琲碗皿8,400円 備前焼 岡部享憲 作石肌焼酎杯9,450円 備前焼 岡部享憲 作面取焼酎呑7,350円 備前焼 岡部享憲 作後手ティーポット15,750円 備前焼 岡部享憲 作麦酒杯(ロング)8,400円 備前焼 岡部享憲 作ハート型花入,350円 備前焼 岡部享憲 作手付花入10,500円岡部 享憲 プロファイル 物作りに魅力を感じていた21歳の時、備前の土に触れて作家を志す。 1973年以後陶正園と黄薇堂で修行する。 1995年吉永町南方に登り窯を築いて独立する。 花入れをはじめ、茶器、食器などの器全般を作る。表面の胡麻の変化、作品を和らげ る線文が面白い、均整とれたデザインの素晴らしさと、細部に亘る細やかな仕上げは 彼の作品に取り組む姿勢を伺わせる。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この...

送料無料
花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 木村微風作 窓開き花入(微風-09)

器茶房 彩庵

11,880

花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 木村微風作 窓開き花入(微風-09)

花入 60×180 桐箱 備前焼 木村微風作 徳利36,750円 備前焼 木村微風作 酒呑10,500円 備前焼 木村微風作 ジョッキ12,600円 備前焼 木村微風作手ひねりカップセット14,700円 備前焼 木村微風作コロコロ鉢セット10,500円 備前焼 木村微風作コーヒーカップセット15,750円 備前焼 木村微風作 窓開き花入11,550円 備前焼 木村微風作 付花入31,500円 備前焼 木村微風作 後手急須26,250円木村 微風 プロファイル 1951年、岡山県浅口郡生まれ。 1971年より作陶を始める。 温かみのある職人的な手仕事の世界に憧れ陶芸家を目指す。 作品は花器、酒器、日常使用される食器などと幅広い。 作品は多くの雑誌 やテレビでも取り上げられ、日本とアメリカの両方で個展を開催している。 日本伝統中国支部展、日本陶芸展、茶の湯造形展、岡山美術展などで受賞して いる。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌...

送料無料
花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 瓢掛花入(創-03)

器茶房 彩庵

16,200

花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 瓢掛花入(創-03)

花入 80×190 桐箱 備前焼 伊勢崎創 作徳利12,600円 備前焼 伊勢崎創 作酒呑8,400円 備前焼 伊勢崎創 作麦酒呑2個組8,400円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(小)二枚組12,600円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(大)二枚組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作小鉢 二個組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作瓢掛花入15,750円 備前焼 伊勢崎創 作らっきょ花入18,900円 備前焼 伊勢崎創 作花器63,000円伊勢崎 創 プロファイル 昭和43年 伊勢崎 満(岡山県重要無形文化財保持者)の三男としてうまれる 昭和62年 県立岡山工業デザイン科卒業 山下譲治に師事 ろくろ形成が主体で、稜線を生かした花器、扁壺など造形的な作品のほか、水指、茶入などの茶道具も手掛ける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用され...

花瓶 仏壇 仏具 神具花瓶 花器 備前焼 桟切 耳付寸胴 花入(小)

器茶房 彩庵

6,318

花瓶 仏壇 仏具 神具花瓶 花器 備前焼 桟切 耳付寸胴 花入(小)

木箱入7cm×5.2cm 高さ19cm桟切(さんぎり)金・青・灰色などのさまざまな模様。窯の隅や、器物の陰など、直接に炎や灰の当たらない、 煙に包み込まれるような場所でとれる模様。 備 前 焼締まった土肌に炎が描く、天然の美特徴 1 田土が生み出す地肌の存在感特徴 2 土と炎と偶然のたまもの 窯変の美しさ特徴 3 茶陶器にふさわしい侘びたたたずまい記念品や引出物に大人気です!丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 平安時代に作られた須恵器をルーツとする備前焼。釉薬を掛けずに、酸化焼成によって、かたく焼き締められた赤みの強い土の味わいや、窯の中で偶然に生み出された肌合いが人気の理由です。地味で飾り気はないが、存在感があり、頼もしさをもって強く訴えかけてきます。日本人の美の原点とさえ言われる所以です。茶褐色の地肌は、土に含まれる鉄分によるもので、「田土」と呼ばれるやわらかい粘土は、粒子が細かく粘性に富んでいます。粘土は備前市の伊部地区や長船町の田んぼの底から取れ、冬に掘り出し、二年ほど風雪にさらした後、山土と黒土と混ぜ合わして使用します。 ご注文時のご注意 備前焼きは、「窯変」とは窯の中の状況によって器の素地や釉薬が、偶然に起こす変化の事で、同じ窯で、同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や、灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。

花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 岡部享憲 作 ハート型花入(岡部-04)

器茶房 彩庵

7,560

花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 岡部享憲 作 ハート型花入(岡部-04)

花入 70×200 紙箱 備前焼 岡部享憲 作舟形鉢(深)8,400円 備前焼 岡部享憲 作長方皿(大)8,400円 備前焼 岡部享憲 作珈琲碗皿8,400円 備前焼 岡部享憲 作石肌焼酎杯9,450円 備前焼 岡部享憲 作面取焼酎呑7,350円 備前焼 岡部享憲 作後手ティーポット15,750円 備前焼 岡部享憲 作麦酒杯(ロング)8,400円 備前焼 岡部享憲 作ハート型花入,350円 備前焼 岡部享憲 作手付花入10,500円岡部 享憲 プロファイル 物作りに魅力を感じていた21歳の時、備前の土に触れて作家を志す。 1973年以後陶正園と黄薇堂で修行する。 1995年吉永町南方に登り窯を築いて独立する。 花入れをはじめ、茶器、食器などの器全般を作る。表面の胡麻の変化、作品を和らげ る線文が面白い、均整とれたデザインの素晴らしさと、細部に亘る細やかな仕上げは 彼の作品に取り組む姿勢を伺わせる。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この...

花瓶 花器 備前焼 桟切 6.5寸 花入

器茶房 彩庵

6,318

花瓶 花器 備前焼 桟切 6.5寸 花入

木箱入口径6.2cm 高さ20cm桟切(さんぎり)金・青・灰色などのさまざまな模様。窯の隅や、器物の陰など、直接に炎や灰の当たらない、 煙に包み込まれるような場所でとれる模様。 備 前 焼締まった土肌に炎が描く、天然の美特徴 1 田土が生み出す地肌の存在感特徴 2 土と炎と偶然のたまもの 窯変の美しさ特徴 3 茶陶器にふさわしい侘びたたたずまい記念品や引出物に大人気です!丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 平安時代に作られた須恵器をルーツとする備前焼。釉薬を掛けずに、酸化焼成によって、かたく焼き締められた赤みの強い土の味わいや、窯の中で偶然に生み出された肌合いが人気の理由です。地味で飾り気はないが、存在感があり、頼もしさをもって強く訴えかけてきます。日本人の美の原点とさえ言われる所以です。茶褐色の地肌は、土に含まれる鉄分によるもので、「田土」と呼ばれるやわらかい粘土は、粒子が細かく粘性に富んでいます。粘土は備前市の伊部地区や長船町の田んぼの底から取れ、冬に掘り出し、二年ほど風雪にさらした後、山土と黒土と混ぜ合わして使用します。 ご注文時のご注意※手作り、少量生産の為、納品にお時間のかかる場合がございます。予めご了承くださいませ。 備前焼きは、「窯変」とは窯の中の状況によって器の素地や釉薬が、偶然に起こす変化の事で、同じ窯で、同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や、灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが...

花瓶 花器 備前焼 桟切 6.5寸耳付 花入

器茶房 彩庵

6,318

花瓶 花器 備前焼 桟切 6.5寸耳付 花入

木箱入7.2cm×6.2cm 高さ19.5cm桟切(さんぎり)金・青・灰色などのさまざまな模様。窯の隅や、器物の陰など、直接に炎や灰の当たらない、 煙に包み込まれるような場所でとれる模様。 備 前 焼締まった土肌に炎が描く、天然の美特徴 1 田土が生み出す地肌の存在感特徴 2 土と炎と偶然のたまもの 窯変の美しさ特徴 3 茶陶器にふさわしい侘びたたたずまい記念品や引出物に大人気です!丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 平安時代に作られた須恵器をルーツとする備前焼。釉薬を掛けずに、酸化焼成によって、かたく焼き締められた赤みの強い土の味わいや、窯の中で偶然に生み出された肌合いが人気の理由です。地味で飾り気はないが、存在感があり、頼もしさをもって強く訴えかけてきます。日本人の美の原点とさえ言われる所以です。茶褐色の地肌は、土に含まれる鉄分によるもので、「田土」と呼ばれるやわらかい粘土は、粒子が細かく粘性に富んでいます。粘土は備前市の伊部地区や長船町の田んぼの底から取れ、冬に掘り出し、二年ほど風雪にさらした後、山土と黒土と混ぜ合わして使用します。 ご注文時のご注意 備前焼きは、「窯変」とは窯の中の状況によって器の素地や釉薬が、偶然に起こす変化の事で、同じ窯で、同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や、灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。

花瓶 花器 備前焼 尺切止形 花入

器茶房 彩庵

7,776

花瓶 花器 備前焼 尺切止形 花入

ダンボール地箱入口径10.5cm 高さ31cm 備 前 焼締まった土肌に炎が描く、天然の美特徴 1 田土が生み出す地肌の存在感特徴 2 土と炎と偶然のたまもの 窯変の美しさ特徴 3 茶陶器にふさわしい侘びたたたずまい記念品や引出物に大人気です!丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 平安時代に作られた須恵器をルーツとする備前焼。釉薬を掛けずに、酸化焼成によって、かたく焼き締められた赤みの強い土の味わいや、窯の中で偶然に生み出された肌合いが人気の理由です。地味で飾り気はないが、存在感があり、頼もしさをもって強く訴えかけてきます。日本人の美の原点とさえ言われる所以です。茶褐色の地肌は、土に含まれる鉄分によるもので、「田土」と呼ばれるやわらかい粘土は、粒子が細かく粘性に富んでいます。粘土は備前市の伊部地区や長船町の田んぼの底から取れ、冬に掘り出し、二年ほど風雪にさらした後、山土と黒土と混ぜ合わして使用します。 ご注文時のご注意 備前焼きは、「窯変」とは窯の中の状況によって器の素地や釉薬が、偶然に起こす変化の事で、同じ窯で、同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や、灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 6号 一輪生 金箔彩 ap4-1017

器茶房 彩庵

6,480

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 6号 一輪生 金箔彩 ap4-1017

化粧箱入 径5.7×高さ18.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 6号 一輪生 山帰来 ap4-1001

器茶房 彩庵

1,944

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 6号 一輪生 山帰来 ap4-1001

紙箱入 径6×高さ18.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 6号 一輪生 吉田屋桜 ap4-1007

器茶房 彩庵

3,024

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 6号 一輪生 吉田屋桜 ap4-1007

紙箱入 径6×高さ18.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 5号 一輪生 牡丹 ap4-1008

器茶房 彩庵

3,564

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 5号 一輪生 牡丹 ap4-1008

化粧箱入 前幅15.3×奥行4.7×高さ12.3cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 5号 一輪生 ポピー 山近泰 ap4-1019

器茶房 彩庵

7,560

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 5号 一輪生 ポピー 山近泰 ap4-1019

化粧箱入 前幅15.3×奥行4.7×高さ12.3cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 7号 一輪生 水辺 松浦慎弥 ap4-1015

器茶房 彩庵

5,400

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 7号 一輪生 水辺 松浦慎弥 ap4-1015

化粧箱入 前幅7.5× 奥行7.5×高さ21cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 4号 一輪生 椿 平野由佳 ap4-1023

器茶房 彩庵

8,640

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 4号 一輪生 椿 平野由佳 ap4-1023

化粧箱入 径5.7×高さ18.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 5号 一輪生 竹雀 ap4-1013

器茶房 彩庵

4,104

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 5号 一輪生 竹雀 ap4-1013

化粧箱入 前幅15.7×奥行5×高さ12.3cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 5号 一輪生 牡丹 ap4-1011

器茶房 彩庵

3,780

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 5号 一輪生 牡丹 ap4-1011

化粧箱入 前幅15.3×奥行4.7×高さ12.3cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
花瓶 一輪挿 しフラワーベース 花生 備前焼 柴岡信義作 鶴首花入(信義-09)

器茶房 彩庵

21,600

花瓶 一輪挿 しフラワーベース 花生 備前焼 柴岡信義作 鶴首花入(信義-09)

花入 100×195 桐箱 備前焼 柴岡信義作窯変徳利31,500円 備前焼 柴岡信義作酒呑(窯変)16,800円 備前焼 柴岡信義作酒杯10,500円 備前焼 柴岡信義作麦酒呑10,500円 備前焼 柴岡信義作湯呑(大)12,600円 備前焼 柴岡信義作飯碗,300円 備前焼 柴岡信義作抹茶碗52,500円 備前焼 柴岡信義作鶴首花入21,000円 備前焼 柴岡信義作窯変面取花入126,000円柴岡 信義 プロファイル 1950年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の長男。 1979年 日本工芸会正会員 日本工芸会中国支部展奨励賞 岡山県美術展岡山県県知事賞 日本伝統工芸展入選 酒器、食器、花器などを制作。面取りなどを施し、重量感のある作風を特徴とする。 用の美を大切に、土そのものの性質を自然に表現することを心がける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ...

送料無料
花瓶 一輪挿 し フラワーベース 花生 備前焼 柴岡信義作 窯変面取花入(信義-10)

器茶房 彩庵

129,600

花瓶 一輪挿 し フラワーベース 花生 備前焼 柴岡信義作 窯変面取花入(信義-10)

花入 115×250 桐箱 備前焼 柴岡信義作窯変徳利31,500円 備前焼 柴岡信義作酒呑(窯変)16,800円 備前焼 柴岡信義作酒杯10,500円 備前焼 柴岡信義作麦酒呑10,500円 備前焼 柴岡信義作湯呑(大)12,600円 備前焼 柴岡信義作飯碗,300円 備前焼 柴岡信義作抹茶碗52,500円 備前焼 柴岡信義作鶴首花入21,000円 備前焼 柴岡信義作窯変面取花入126,000円柴岡 信義 プロファイル 1950年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の長男。 1979年 日本工芸会正会員 日本工芸会中国支部展奨励賞 岡山県美術展岡山県県知事賞 日本伝統工芸展入選 酒器、食器、花器などを制作。面取りなどを施し、重量感のある作風を特徴とする。 用の美を大切に、土そのものの性質を自然に表現することを心がける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ...

備前焼 作家手づくり 桟切 なつめ花入 [花瓶]

ギフトあれこれ ギフトスクエア

3,845

備前焼 作家手づくり 桟切 なつめ花入 [花瓶]

■さまざまな用途にお使い頂けるギフト商品を多数ご用意しております。内祝 内祝い お祝い返し ウェディングギフト ブライダルギフト 引き出物 引出物 結婚引き出物 結婚引出物 結婚内祝い 出産内祝い 命名内祝い 入園内祝い 入学内祝い 卒園内祝い 卒業内祝い 就職内祝い 新築内祝い 引越し内祝い 快気内祝い 開店内祝い 二次会 披露宴 お祝い 御祝 慶事 結婚式 結婚祝い 出産祝い 初節句 七五三 入園祝い 入学祝い 卒園祝い 卒業祝い 成人式 就職祝い 昇進祝い 新築祝い 上棟祝い 引っ越し祝い 引越し祝い 開店祝い 退職祝い 快気祝い 全快祝い 初老祝い 還暦祝い 古稀祝い 喜寿祝い 傘寿祝い 米寿祝い 卒寿祝い 白寿祝い 長寿祝い 金婚式 銀婚式 ダイヤモンド婚式 結婚記念日 ギフト ギフトセット セット 詰め合わせ 贈答品 お返し お礼 御礼 ごあいさつ ご挨拶 御挨拶 プレゼント お見舞い お見舞御礼 お餞別 引越し 引越しご挨拶 記念日 誕生日 父の日 母の日 敬老の日 記念品 卒業記念品 定年退職記念品 ゴルフコンペ コンペ景品 景品 賞品 粗品 ノベルティ お香典返し 香典返し 志 満中陰志 弔事 会葬御礼 法要 法要引き出物 法要引出物 法事 法事引き出物 法事引出物 忌明け 四十九日 七七日忌明け志 一周忌 三回忌 七回忌 回忌法要 偲び草 粗供養 初盆 供物 お供え お中元 御中元 お歳暮 御歳暮 お年賀 御年賀 残暑見舞い 年始挨拶 今治タオル カタログ カタログギフト カタログタイプギフト カタログ式ギフト ギフトカタログ グルメカタログ セレクトギフト チョイスカタログ チョイスギフト グルメギフト メモリアルギフト ディズニー フロッシュ 引菓子 かつおぶし ハーモニック リンベル 人気 老舗 話題...

送料無料
花瓶 花入 フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 花器(創-08)

器茶房 彩庵

64,800

花瓶 花入 フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 花器(創-08)

花器 180×250 桐箱 備前焼 伊勢崎創 作徳利12,600円 備前焼 伊勢崎創 作酒呑8,400円 備前焼 伊勢崎創 作麦酒呑2個組8,400円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(小)二枚組12,600円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(大)二枚組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作小鉢 二個組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作瓢掛花入15,750円 備前焼 伊勢崎創 作らっきょ花入18,900円 備前焼 伊勢崎創 作花器63,000円伊勢崎 創 プロファイル 昭和43年 伊勢崎 満(岡山県重要無形文化財保持者)の三男としてうまれる 昭和62年 県立岡山工業デザイン科卒業 山下譲治に師事 ろくろ形成が主体で、稜線を生かした花器、扁壺など造形的な作品のほか、水指、茶入などの茶道具も手掛ける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用さ...

送料無料
花瓶 花器 備前焼 小橋俊允 作 花入(俊允-10)

器茶房 彩庵

54,000

花瓶 花器 備前焼 小橋俊允 作 花入(俊允-10)

120×250 桐箱小橋俊允 こばしとしみつ プロファイル 1977年 生まれる 1996年 備前東高等学校卒業 1998年 関西芸術短期大学(現 宝塚大学)で陶芸を学ぶ 1999年 大阪芸術大学付属大阪美術専門学校 研究科で陶芸を学ぶ 2000年 岡山県備前陶芸センターで学ぶ よく作るのは花器、茶器、酒器。紐づくりが主で、一部ろくろで形成。 山土のみを使い、土味を生かした作品づくりを心掛ける。 つくり手の思いを作品に出すことを作陶の基本とし、独創的な作品を目指す。 今後は古備前の風格に追いつき、追い越したいという。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護...

送料無料
花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 堀江さつき作 扁壺(さつき-01)

器茶房 彩庵

16,200

花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 堀江さつき作 扁壺(さつき-01)

花入 160×178 木箱 備前焼 堀江さつき作扁壺15,750円 備前焼 堀江さつき作一輪10,500円 備前焼 堀江さつき作ティポット15,750円 備前焼 堀江さつき作三足花鉢10,500円 備前焼 堀江さつき作鉄鉢形小鉢6,300円 備前焼 堀江さつき作片口小鉢5,250円 備前焼 堀江さつき作長角皿6,825円 備前焼 堀江さつき作フリーカップ4,200円 備前焼 堀江さつき作マグカップ5,250円備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重...

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 3.5号 一輪生 吉田屋風八ツ手 ap4-1006

器茶房 彩庵

3,024

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 3.5号 一輪生 吉田屋風八ツ手 ap4-1006

紙箱入 径8×高さ10.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 3.5号 一輪生 金彩鉄仙 ap4-1003

器茶房 彩庵

2,376

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 3.5号 一輪生 金彩鉄仙 ap4-1003

紙箱入 径8×高さ10.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

輪型一輪花入(小) 伝統的な味わいのある信楽焼き 花瓶 花入れ 和テイスト 陶器 日本製 信楽焼 花器 焼き物 和風 しがらき

HUONEST

6,885

輪型一輪花入(小) 伝統的な味わいのある信楽焼き 花瓶 花入れ 和テイスト 陶器 日本製 信楽焼 花器 焼き物 和風 しがらき

インフォメーション・注意事項 送料について 北海道への配送は別途送料がかかります。北海道送料:【北3】タイプ 決済方法について ※本商品は代引不可商品です。「代引」以外のお支払いをお選び下さい。 通常決済(お買い物ガイド「お支払い方法について」をご確認ください。 配 送 沖縄及び離島へは別途配送料がかかります。実費請求とさせて頂きますのでご了承下さい。 時間指定は1便(9-14時)、2便(12-18時)、終日便(9-18時)のみとなります。 地域によって配送の曜日が限定される場合や、時間指定が承れない場合がございます。 詳細・スペック 商品説明 ひと口に信楽焼といってもさまざまな商品があります。そのどれもが伝統の技に支えられ、焼物の可能性を追求した陶器です。陶土と呼ばれる粘土を主原料とし、その持ち味を最大限に生かした風合いは、陶土と炎が織りなす絶妙なバランスによって生まれます。信楽焼らなではの、深い味わいをお楽しみください。 サイズ 幅 21×奥行 11×高さ 27cm※手作り品があるため色・形・大きさが少々変わる場合があります。 材 質 陶土 組立 完成品 生産国 日本製(信楽焼) その他・注意事項 ◆◆使用上のご注意◆◆ 【全般】商品によっては、表面及び内面のザラ付き等にご注意ください。信楽焼は荒土が特徴で吸水性があるため長時間水分をいれたま放置されますと、水分がにじみ出てくる場合があります。洗剤等を混入されますと水漏れの原因となります。 【流水・めだか鉢/花器・水盤】水漏れ処理をしておりますが、室内でご使用の場合は万一に備え敷物等をお使いください。厳冬期に野外に設置しますと氷結し、氷が膨張することにより破損する場合があります。 【傘立て】強風時に転倒するおそれがあります。屋内等に収納ください...

備前焼 作家手づくり 桟切 なつめ花入 花びん

Angel Gift 楽天市場店

4,180

備前焼 作家手づくり 桟切 なつめ花入 花びん

備前焼 作家手づくり 桟切 なつめ花入 の詳細 品 番 SHSN14‐040 内容 ●現品約8φ×14cm ●陶器(備前焼) 化粧箱 約10.0 cm×10.0 cm×17.0 cm 化粧箱入 重 さ 400.0 g 製造 日本 用 途 内祝い・お返しの他にも、ご挨拶・粗品・法要/香典返しやお供えにご利用ください。 ラッピング のし・ギフト包装、メッセージカード・写真入りメッセージカードは無料(サービス)です。お気軽にご相談ください! 送料 1配送先につきお買い上げ7,000円(税込)以上で送料無料(北海道・沖縄を除く) 北海道・沖縄県については、別途送料をご負担いただいております。 北海道 800円・沖縄県 1,300円 のし・写真入り メッセージカード・包装紙はカート内でお選びいただけます。 >> メッセージカードはこちら >> のし(熨斗)はこちら >> 包装紙はこちら さまざまなギフトシーンでご利用ください ブライダルでの引き出物・引き菓子、2次会のプチギフト 結婚祝い・結婚内祝いなどのブライダルギフトはじめ入園祝い 入学祝い・卒業祝い・成人式のお祝いなど学校や成長を祝う セレモニー、出産祝い・出産内祝いなどの慶事、快気祝い 快気内祝い・新築祝い・新築内祝い・引越し祝い・引越祝いや 職場での就職祝い・昇進祝い・退職祝い、事業での開店祝い 開業祝い、長寿での還暦祝い/古希祝い/喜寿祝い/傘寿祝い 米寿祝い/卒寿祝い/白寿祝いなどさまざまな各種祝事での 内祝い(お祝い返し)・ご祝儀返しにご利用いただけます。 また、葬儀後の三十五日/四十九日(忌日法要)や一周忌 (年忌法要)など法事・法要・仏事・弔事などのギフトシーンで の志/偲び草/粗供養(法事引き出物)や香典返し(満中陰志) 御供(お供え...

備前焼 ミニ手付き一輪挿し

抹茶やお茶と茶道具の茶匠みのる園

2,700

備前焼 ミニ手付き一輪挿し

可憐な野の花を摘んできてこの備前焼の一輪挿しに生ける、この何気ない日常が、生活に潤いと癒しをもたらします。 「大きさ」本体高さ 約8cm 持ち手込高さ 約14cm 直径 約7.5cm 「作家」 石田 育男 商品説明名称備前焼大きさ 本体高さ 約8cm 持ち手込高さ 約14cm 直径 約7.5cm材質陶器商品説明画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。ご了承ください。販売者みのる園〒703-8256岡山県岡山市中区浜478-8(086)272-1876 備前焼の特徴的な文様 牡丹餅(ぼたもち) 皿や手鉢などの表面に、牡丹餅を乗せたかかのように、円形に緋色が発色したものです。これは焼成の際に、猪口や皿などを乗せて焼いた跡などです。 緋襷(ひだすき) 器を重ねて焼成する際、器同士がくっついて傷つかないように、藁(わら)を挟みます。重ねた器の下や中では藁は蒸焼き状態となり、その跡が緋色(ひいろ)の襷(たすき)のようになったものです。 胡麻(ごま) 窯の中で焼成中に、器物の表面に薪の灰がかかり、釉化したものです。胡麻の様に見えることからこう呼ばれるようになりました。 窯変(ようへん) 焼成中の窯の中の色の変化のことです。薪の熾き(おき)に埋もれて焼成させ、一つの作品の中に色や模様の変化をもたせたもののことを呼びます。 「備前焼 酒器」はこちら! 「備前焼 花器」はこちら! 「備前焼 コップ」はこちら! 「備前焼 皿・小鉢」はこちら!備前焼 ミニ手付き一輪挿し 野草の可憐さと備前焼の素朴な力強さがマッチするような花器です。 可憐な野の花を摘んできてこの備前焼の一輪挿しに生ける、この何気ない日常が、生活に潤いと癒しをもたらします。「大きさ」本体高さ 約8cm 持ち手込高さ 約14cm 直径 約7.5cm「作家」 石田 育男...

送料無料
結び一輪花入 信楽焼 陶器 花入れ 花器 花入 花瓶 彩り屋_

彩り屋

6,200

結び一輪花入 信楽焼 陶器 花入れ 花器 花入 花瓶 彩り屋_

1250年の伝統の匠の技が作り出す信楽焼の花器は素朴で美しく丁寧なデザインです。 表情豊かな信楽焼の花器は、花に新たな生命を吹き込み、生活に彩りを添えてくれます。 思いを伝える。気持ちを形にする。 信楽焼の陶器はご自宅用に業務用に贈り物にも最適です。 ■サイズ:幅22cm奥行11cm高さ28.5cm(約) ■国産品 ※ひとつひとつが手づくり品のため、色合いや大きさ形が微妙に異なる場合がございます。 ※つる付の商品は、つるを除いた寸法を記載しています。 結婚祝い.引越祝い.新築祝い ギフト、贈り物におすすめです!! ※本商品は製造元(滋賀県信楽)よりの直送商品です。 メーカーより直接お客様にお届けすることにより低コストを実現いたしました。 ※全国送料無料!ただし、沖縄・離島一部地域は追加送料がかかる場合がございます。別途見積もりいたします。 ※予想を上回る注文殺到などの理由でメーカー欠品となる場合、仕上がりまでお待ち頂くことがございます。何卒ご了承お願い致します。 ※のし包装、無料 対応致します。 ※ご注文時ご希望いただきますと、のし対応致します。ご希望を備考欄にお書き下さい。 ※ご注文時ご希望いただきますと包装致します。恐れ入ります包装紙はお選びいただけません。 信楽焼 花瓶・花入はこちらへ※信楽焼について 信楽は、日本六古窯の一つで1250年の伝統を誇る日本最古の産地です。 ひと口に信楽焼と言っても、さまざまな商品があります。 そのどれもが伝統の技に支えられ、焼物の可能性を追求した陶器です。 陶土と呼ばれる粘土を主原料とし、その持ち味を最大限に活かした風合いは、 陶土と炎が織り成す絶妙のバランスによって生まれます。 匠の技が作り出す信楽焼ならではの、深い味わいをお楽しみ下さい。 ※信楽焼の花器・花入れについて...

送料無料
花器 花入 花瓶 フラワーベース 堀江さつき作 蕪一輪(さつき-02)

器茶房 彩庵

10,800

花器 花入 花瓶 フラワーベース 堀江さつき作 蕪一輪(さつき-02)

花入 120×135 木箱 備前焼 堀江さつき作扁壺15,750円 備前焼 堀江さつき作一輪10,500円 備前焼 堀江さつき作ティポット15,750円 備前焼 堀江さつき作三足花鉢10,500円 備前焼 堀江さつき作鉄鉢形小鉢6,300円 備前焼 堀江さつき作片口小鉢5,250円 備前焼 堀江さつき作長角皿6,825円 備前焼 堀江さつき作フリーカップ4,200円 備前焼 堀江さつき作マグカップ5,250円備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重...

つぶつぶ 一輪挿し(ブルー)一輪挿し・花器・結婚祝いにぴったりのガラス製の花器・花瓶・フラワーベースの通販・販売

gallery 365

3,780

つぶつぶ 一輪挿し(ブルー)一輪挿し・花器・結婚祝いにぴったりのガラス製の花器・花瓶・フラワーベースの通販・販売

商品説明商品説明 島根県で制作しているガラス作家 かわなべかおり さん。 色ガラスにかわいいつぶつぶガラスがアクセントにな っているつぶつぶシリーズです。 玄関先にお花を活ければ華やかな雰囲気になりま す。 お返しやギフトとしてお使いになれば、大変喜ばれる 作品です。 個性的な器を探されてる方にはお勧めです 個性的な引き出物、お祝いやお返しのグラスを探され ている方にはお勧めです。 サイズ ■サイズ 横 約 7.5cm 縦 約 7.5cm 高さ 約10cm ■容量 ■重さ 約280g お取り扱いの注意点 ガラスは耐熱性はございません。したがって熱湯や熱い料理等は製品を破損しますので、ご注意ください。 1.急激な温度変化に耐えられません。熱湯、熱い料理、沢山の氷を一度に入れる、冷凍庫に入れる等の行為は、作品を破損させます。 2.手洗いと手拭きのすすめ。食器洗浄機は熱湯、熱風による洗浄機能がありますので、お手入れには不向きです。 3.電子レンジの使用禁止。急激に熱くなりますので、使用できません。 4.保管について。ガラスはキズがつくと破損し易い性質があります。重ねたり、ガラス器同士など堅いものにぶつけたりしないように扱ってください。 5.定期的な洗浄のすすめ。ガラス製品は長期間洗わないと、汚れが落ちにくくなったり、曇りがでてきたりします。適宜洗うようにしてください。

インテリア・家具のランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク