メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「三枝惣太郎干支」検索結果。

三枝惣太郎干支の商品検索結果全24件中1~24件目

送料無料
三枝惣太郎作品 干支・酉(鶏)の置物/会心 高岡銅器の縁起干支

美術工芸の檜屋

32,400

三枝惣太郎作品 干支・酉(鶏)の置物/会心 高岡銅器の縁起干支

高岡銅器の干支 酉(鶏)の置物 会心 酉の縁起 神の使いであるとされる酉は、時を知らせる役割を持ち、十二支の中でも、とくに家禽として古来より親しまれてきました。 声高らかに夜明けを告げ、羽毛の下で命の恵みを温め、 せわしく啄むさまは、勤勉なる日々の尊さを象徴し、 豊かな富を“とりこむ"酉として崇められてきました。 商売に縁起の良い干支とされ、貴家の末永い幸せと健康を招く縁起物の置物です。 作家 三枝惣太郎 略歴 昭和9年 第15回帝展第三部彫刻部 初入選 以来、帝展・文展・日展・新日展に連続出品(連続入選) 第8回構造社展(洋画)初入選 以来、連続出品 昭和10年 東京芸術大学卒業 昭和16年 構造社会員となる 日展名古屋展中日賞受賞 名古屋タイムス秀抜展 秀選展出品 紺綬褒章受章 日展会友 日本美術家連盟会員 日本彫塑会会員 新構造社(絵画)会員 東海彫塑会会員 名古屋芸術大学美術学部 名誉教授平成18年逝去 材質 黄銅(真鍮)製 本体寸法 幅12×奥行5×高10.8cm 板寸法 幅18.5×奥行9.5×高2cm 特典 木製塗板付・立札付・桐箱付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超えて、現代の様々な生活シーンを演出致します。

三枝作シリーズ 干支・酉(鶏)の置物/有心 三枝惣太郎作品/高岡銅器の置物

美術工芸の檜屋

8,640

三枝作シリーズ 干支・酉(鶏)の置物/有心 三枝惣太郎作品/高岡銅器の置物

高岡銅器の干支 酉(鶏)の置物 有心 酉の縁起 神の使いであるとされる酉は、時を知らせる役割を持ち、十二支の中でも、とくに家禽として古来より親しまれてきました。 声高らかに夜明けを告げ、羽毛の下で命の恵みを温め、 せわしく啄むさまは、勤勉なる日々の尊さを象徴し、 豊かな富を“とりこむ"酉として崇められてきました。 商売に縁起の良い干支とされ、貴家の末永い幸せと健康を招く縁起物の置物です。 作家 三枝惣太郎 略歴 昭和9年 第15回帝展第三部彫刻部 初入選 以来、帝展・文展・日展・新日展に連続出品(連続入選) 第8回構造社展(洋画)初入選 以来、連続出品 昭和10年 東京芸術大学卒業 昭和16年 構造社会員となる 日展名古屋展中日賞受賞 名古屋タイムス秀抜展 秀選展出品 紺綬褒章受章 日展会友 日本美術家連盟会員 日本彫塑会会員 新構造社(絵画)会員 東海彫塑会会員 名古屋芸術大学美術学部 名誉教授平成18年逝去 材質 鉄製 本体寸法 幅14.5×奥行6×高13.5cm 板寸法 幅25.5×奥行12.5×高1.5cm 特典 PC台付・立札付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超えて、現代の様々な生活シーンを演出致します。

三枝作シリーズ 干支・酉(鶏)の置物/爽春 三枝惣太郎作品/高岡銅器の置物

美術工芸の檜屋

5,400

三枝作シリーズ 干支・酉(鶏)の置物/爽春 三枝惣太郎作品/高岡銅器の置物

高岡銅器の干支 酉(鶏)の置物 爽春 酉の縁起 神の使いであるとされる酉は、時を知らせる役割を持ち、十二支の中でも、とくに家禽として古来より親しまれてきました。 声高らかに夜明けを告げ、羽毛の下で命の恵みを温め、 せわしく啄むさまは、勤勉なる日々の尊さを象徴し、 豊かな富を“とりこむ"酉として崇められてきました。 商売に縁起の良い干支とされ、貴家の末永い幸せと健康を招く縁起物の置物です。 作家 三枝惣太郎 略歴 昭和9年 第15回帝展第三部彫刻部 初入選 以来、帝展・文展・日展・新日展に連続出品(連続入選) 第8回構造社展(洋画)初入選 以来、連続出品 昭和10年 東京芸術大学卒業 昭和16年 構造社会員となる 日展名古屋展中日賞受賞 名古屋タイムス秀抜展 秀選展出品 紺綬褒章受章 日展会友 日本美術家連盟会員 日本彫塑会会員 新構造社(絵画)会員 東海彫塑会会員 名古屋芸術大学美術学部 名誉教授平成18年逝去 材質 鉄製 本体寸法 幅10×奥行5.5×高15cm 板寸法 幅20×奥行12×高1.5cm 特典 PC台付・立札付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超えて、現代の様々な生活シーンを演出致します。

2018年 干支 置物■戌(犬・狗・イヌ・いぬ)■【 誉れ(ほまれ) 】三枝惣太郎作 鋳鉄製

仏具徳

7,799

2018年 干支 置物■戌(犬・狗・イヌ・いぬ)■【 誉れ(ほまれ) 】三枝惣太郎作 鋳鉄製

期間、数量限定ですのでお早めに! 作者三枝惣太郎 材質鋳鉄製 付属PC台 木札 紙箱 サイズ(センチ)台:幅約23.0×奥行約12.0本体:高さ約14.0×幅約15.5×奥行約5.3 高岡銅器高岡銅器は富山県西部に位置する高岡市の地場産業です。 その起源は400年前1609年加賀藩二代目藩主、前田利長公が高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策の一環として現在の高岡市金屋町に鋳物工場を開設した事に始まります。 当初は鉄鋳物による鍋、釜、等の日用品、鋤、鍬などの農具が主体でしたが、江戸中期になり生活、文化の向上により唐金鋳物の需要が増加し、特に仏具は寺院に限らず一般家庭にも求められるようになりました。 その後、明治、大正、にかけて火鉢、瓶掛、茶道具、置物などの製作が益々盛んになり、高岡銅器の美術的価値が全国に知られるようになり、花器、室内置物などはギフト需要を開拓し大きく成長しました。 また大型銅像の制作も時代とともに全国的に需要が盛んになり、高岡銅器の一大部門として成長しました。 海外では、1862年のロンドン万国博覧会や1867年のパリ万国博覧会の時に、鋳銅器や象嵌彫刻銅器など多く出品され、当時ジャパニズム旋風が起きました。 今日では全国の銅器販売額の95%以上を占め、昭和50年には伝統的工芸品として国の指定を受けました。 ※ 戌グッズ 犬グッズ イヌグッズ いぬグッズ 戌置物 犬置物 いぬ置物 イヌ置物 戌神社 阿弥陀如来 平成30年 平成三十年 平成30年置物 平成三十年置物 迎春 初春 正月 十二支干支 十二支置物 干支置物 開運置物 正月置物 迎春置物 初春置物 干支の置物 えとの置物 干支2018 2018干支 2018置物 置物2018 福戌 戌の置物 戌干支 戌の日 犬の日歴史と文化が融合した美術工芸品。...

2018年 干支 置物■戌(犬・狗・イヌ・いぬ)■【 天恵(てんけい) 】三枝惣太郎作 黄銅(真鍮)製

仏具徳

42,800

2018年 干支 置物■戌(犬・狗・イヌ・いぬ)■【 天恵(てんけい) 】三枝惣太郎作 黄銅(真鍮)製

期間、数量限定ですのでお早めに! 作者三枝惣太郎 材質黄銅(真鍮)製 付属塗板 木札 桐箱 サイズ(センチ)塗板:幅約22.0×奥行約15.0本体:高さ約14.3×幅約13.8×奥行約5.0 高岡銅器高岡銅器は富山県西部に位置する高岡市の地場産業です。 その起源は400年前1609年加賀藩二代目藩主、前田利長公が高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策の一環として現在の高岡市金屋町に鋳物工場を開設した事に始まります。 当初は鉄鋳物による鍋、釜、等の日用品、鋤、鍬などの農具が主体でしたが、江戸中期になり生活、文化の向上により唐金鋳物の需要が増加し、特に仏具は寺院に限らず一般家庭にも求められるようになりました。 その後、明治、大正、にかけて火鉢、瓶掛、茶道具、置物などの製作が益々盛んになり、高岡銅器の美術的価値が全国に知られるようになり、花器、室内置物などはギフト需要を開拓し大きく成長しました。 また大型銅像の制作も時代とともに全国的に需要が盛んになり、高岡銅器の一大部門として成長しました。 海外では、1862年のロンドン万国博覧会や1867年のパリ万国博覧会の時に、鋳銅器や象嵌彫刻銅器など多く出品され、当時ジャパニズム旋風が起きました。 今日では全国の銅器販売額の95%以上を占め、昭和50年には伝統的工芸品として国の指定を受けました。 ※ 戌グッズ 犬グッズ イヌグッズ いぬグッズ 戌置物 犬置物 いぬ置物 イヌ置物 戌神社 阿弥陀如来 平成30年 平成三十年 平成30年置物 平成三十年置物 迎春 初春 正月 十二支干支 十二支置物 干支置物 開運置物 正月置物 迎春置物 初春置物 干支の置物 えとの置物 干支2018 2018干支 2018置物 置物2018 福戌 戌の置物 戌干支 戌の日 犬の日歴史と文化が融合した美術工芸品。...

2018年 干支 置物■戌(犬・狗・イヌ・いぬ)■【 向天(こうてん) 】三枝惣太郎作 黄銅(真鍮)製

仏具徳

25,800

2018年 干支 置物■戌(犬・狗・イヌ・いぬ)■【 向天(こうてん) 】三枝惣太郎作 黄銅(真鍮)製

期間、数量限定ですのでお早めに! 作者三枝惣太郎 材質黄銅(真鍮)製 付属塗板 木札 桐箱 サイズ(センチ)塗板:幅約16.5×奥行約9.5本体:高さ約10.0×幅約9.8×奥行約4.0 高岡銅器高岡銅器は富山県西部に位置する高岡市の地場産業です。 その起源は400年前1609年加賀藩二代目藩主、前田利長公が高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策の一環として現在の高岡市金屋町に鋳物工場を開設した事に始まります。 当初は鉄鋳物による鍋、釜、等の日用品、鋤、鍬などの農具が主体でしたが、江戸中期になり生活、文化の向上により唐金鋳物の需要が増加し、特に仏具は寺院に限らず一般家庭にも求められるようになりました。 その後、明治、大正、にかけて火鉢、瓶掛、茶道具、置物などの製作が益々盛んになり、高岡銅器の美術的価値が全国に知られるようになり、花器、室内置物などはギフト需要を開拓し大きく成長しました。 また大型銅像の制作も時代とともに全国的に需要が盛んになり、高岡銅器の一大部門として成長しました。 海外では、1862年のロンドン万国博覧会や1867年のパリ万国博覧会の時に、鋳銅器や象嵌彫刻銅器など多く出品され、当時ジャパニズム旋風が起きました。 今日では全国の銅器販売額の95%以上を占め、昭和50年には伝統的工芸品として国の指定を受けました。 ※ 戌グッズ 犬グッズ イヌグッズ いぬグッズ 戌置物 犬置物 いぬ置物 イヌ置物 戌神社 阿弥陀如来 平成30年 平成三十年 平成30年置物 平成三十年置物 迎春 初春 正月 十二支干支 十二支置物 干支置物 開運置物 正月置物 迎春置物 初春置物 干支の置物 えとの置物 干支2018 2018干支 2018置物 置物2018 福戌 戌の置物 戌干支 戌の日 犬の日歴史と文化が融合した美術工芸品。...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
干支・酉(鶏)の置物/恵風・本金箔 日本芸術院会員・川崎普照作品/高岡銅器の置物

美術工芸の檜屋

140,400

干支・酉(鶏)の置物/恵風・本金箔 日本芸術院会員・川崎普照作品/高岡銅器の置物

高岡銅器の干支 酉(鶏)の置物 恵風・本金箔 作品説明 声高らかに夜明けを告げ、羽毛の下で命の恵みを暖め、せわしく啄むその姿を以て、勤勉なる日常こそ尊く幸福の源なのだと諭してくれる日々粛々とくり返される営みに豊かな未来が兆すよう明日もまた希望に満ちた声で好日の到来を告げるであろう 酉の縁起 神の使いであるとされる酉は、時を知らせる役割を持ち、十二支の中でも、とくに家禽として古来より親しまれてきました。 声高らかに夜明けを告げ、羽毛の下で命の恵みを温め、 せわしく啄むさまは、勤勉なる日々の尊さを象徴し、 豊かな富を“とりこむ"酉として崇められてきました。 商売に縁起の良い干支とされ、貴家の末永い幸せと健康を招く縁起物の置物です。 作家 川崎普照(日本芸術院会員) 略歴 昭和35年 第8回日彫展 初入選・奨励賞 以後、日彫賞等受賞4回 昭和36年 第4回日展 初入選 昭和37年 第58回太平洋展 初入選・奨励賞 以後、文部大臣奨励賞等受賞4回 昭和39年 第7回日展 特選受賞 昭和47年 ヨーロッパ研修 以後、外遊5回 昭和50年 第1回個展 以後10回 平成5年 第25回日展 内閣総理大臣賞 平成16年 日本芸術院会員 平成18年 茨城県特別功労者表彰 平成19年 旭日中綬章受章 平成25年 第四十五回日展審査員 その他、各賞受賞 現在、日本芸術院会員、日展顧問、日本彫刻会常務理事、茨城県美術展覧会名誉会員など 材質 鋳銅製・本金箔貼 本体寸法 幅14.5×奥行9.7×高16cm 板寸法 幅25×奥行15×高2.2cm 特典 黒御影石付・桐箱付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超えて...

送料無料
干支・申(猿)の置物/吉祥 屏風付 村田宏作品 高岡銅器の干支置物

美術工芸の檜屋

16,200

干支・申(猿)の置物/吉祥 屏風付 村田宏作品 高岡銅器の干支置物

高岡銅器の干支 猿(申)の置物 吉祥 屏風付 猿の縁起 猿は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、サルは去るというところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、申(さる)の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長からサルと呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 作者 村田宏 材質 鉄製 本体寸法 幅13.5×奥行8.8×高16cm 板寸法 20×12cm 特典 屏風・紙製台座付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
干支・申(猿)の置物/繁栄A 宏作品/高岡銅器

美術工芸の檜屋

64,800

干支・申(猿)の置物/繁栄A 宏作品/高岡銅器

高岡銅器の干支 申(猿)の置物 繁栄A 猿の縁起 「猿」は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、「サル」は「去る」というところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、「申(さる)」の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長から「サル」と呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社(愛知県)に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 作者 村田宏 材質 銅製 本体寸法 幅16×奥行7.5×高12cm 板寸法 26×9.5cm 特典 木台・桐箱付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
2016年干支・申(猿)の置物/瑞春 村田宏作品/高岡銅器の置物

美術工芸の檜屋

21,600

2016年干支・申(猿)の置物/瑞春 村田宏作品/高岡銅器の置物

高岡銅器の干支 申(猿)の置物 瑞春 猿の縁起 「猿」は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、「サル」は「去る」というところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、「申(さる)」の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長から「サル」と呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社(愛知県)に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 作家 村田宏 作者略歴 日展評議員村田吉生氏に師事し原型(ペンモールド)を修業。 昭和27年より高岡市金属技術指導所に勤務。 昭和43年退所まで銅器業界の鋳造技術・デザインの指導にあたる。 昭和33年 高岡市展 高岡市長賞受賞 日展初入選 以後6回入選 昭和39年 日本現代工芸展 初入選 以後数回入選 昭和58年 高岡地域地場産業センター内、ミニ御車 山金具製作責任者 材質 銅製 本体寸法 幅12.5×奥行5.5×高9cm 板寸法 16×8cm 特典 木台付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
干支・申(猿)の置物/陽春 秀月謹製 高岡銅器の干支置物

美術工芸の檜屋

10,800

干支・申(猿)の置物/陽春 秀月謹製 高岡銅器の干支置物

高岡銅器の干支 猿(申)の置物 陽春 猿の縁起 猿は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、サルは去るというところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、申(さる)の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長からサルと呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 作 秀月 材質 亜鉛合金鋳物製 本体寸法 親 幅18.5×奥行7×高さ12cm 子 幅9.5×奥行4×高さ6cm 台寸法 幅35×奥行23×高さ15cm 特典 PC台付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
平成二十八年干支・申(猿)の置物/のどか 村田宏作品/高岡銅器の置物

美術工芸の檜屋

16,200

平成二十八年干支・申(猿)の置物/のどか 村田宏作品/高岡銅器の置物

高岡銅器の干支 申(猿)の置物 のどか 猿の縁起 「猿」は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、「サル」は「去る」というところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、「申(さる)」の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長から「サル」と呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社(愛知県)に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 作家 村田宏 作者略歴 日展評議員村田吉生氏に師事し原型(ペンモールド)を修業。 昭和27年より高岡市金属技術指導所に勤務。 昭和43年退所まで銅器業界の鋳造技術・デザインの指導にあたる。 昭和33年 高岡市展 高岡市長賞受賞 日展初入選 以後6回入選 昭和39年 日本現代工芸展 初入選 以後数回入選 昭和58年 高岡地域地場産業センター内、ミニ御車 山金具製作責任者 材質 銅製 本体寸法 幅7.5×奥行5.5×高10cm 板寸法 16×8cm 特典 木台付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
申(猿)の置物 煌(本金箔)/干支の置物 大森孝志作品/高岡銅器

美術工芸の檜屋

51,840

申(猿)の置物 煌(本金箔)/干支の置物 大森孝志作品/高岡銅器

高岡銅器の干支 申(猿)の置物 煌(本金箔) 猿の縁起 「猿」は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、「サル」は「去る」というところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、「申(さる)」の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長から「サル」と呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社(愛知県)に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 作家 大森孝志 略歴 高岡市生まれ 昭和46年 国指定無形文化財保持者・須賀松園先生に師事 松園工房入門 昭和48年 日展初入選 日本現代工芸展 初入選 以後数回入選 昭和49・51・54年 日展入選 昭和55年 日本新工芸展 初入選 昭和56年 日本新工芸展 奨励賞受賞 以後数回入選 昭和59年 日展入選 平成元・2年 日展入選 平成3年 高岡市伝統工芸産業優秀技術者表彰受賞(蝋型鋳造部門) 材質 蝋型青銅製 本体寸法 幅14.6×奥行4.6×高10.3cm 板寸法 24×12cm 特典 塗板・桐箱付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
平成28年干支・申(猿)の置物/瑞祥(小) 環水作品/高岡銅器の置物

美術工芸の檜屋

43,200

平成28年干支・申(猿)の置物/瑞祥(小) 環水作品/高岡銅器の置物

高岡銅器の干支 申(猿)の置物 瑞祥(小) 猿の縁起 「猿」は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、「サル」は「去る」というところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、「申(さる)」の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長から「サル」と呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社(愛知県)に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 作家 環水 材質 銅製 本体寸法 幅11.5×奥行13.5×高17.5cm 板寸法 24×16cm 特典 木製板付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
干支・申(猿)の彫金額/開運招福(特大) 高岡銅器の干支置物

美術工芸の檜屋

32,400

干支・申(猿)の彫金額/開運招福(特大) 高岡銅器の干支置物

高岡銅器の干支 猿(申)の置物 彫金額 開運招福(特大) 猿の縁起 猿は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、サルは去るというところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、申(さる)の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長からサルと呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 材質 アルミ板樹脂額 本体寸法 59.5×47.5cm 特典 紙箱付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
干支・申(猿)の置物/宙(本金箔) 香立兼用 大森孝志作品/高岡銅器

美術工芸の檜屋

51,840

干支・申(猿)の置物/宙(本金箔) 香立兼用 大森孝志作品/高岡銅器

高岡銅器の干支 申(猿)の置物 宙(本金箔) 香立兼用 猿の縁起 「猿」は遠い昔から山の賢者として、農業の守護神とされてきました。また猿は子供への愛情が強いことから、夫婦円満、安産、子育ての象徴ともされ、「サル」は「去る」というところから、厄難が去るという縁起を担ぎ、風水では鬼門の守護神として、「申(さる)」の置物を鬼門に向けて置く、または玄関等に置くと災いから護ってくれるとされます。 又、主君の織田信長から「サル」と呼ばれ、大出世を果たした豊臣秀吉は、秀吉ゆかりの申神社・日吉神社(愛知県)に祈願して授けられた神の子といわれ、それゆえ幼名が日吉丸、身のこなしが神の使いの猿に似ていたと伝えられています。猿は、相手の気持ちを読み取る能力に優れ、出世の象徴、「猿」の音読み「えん」から縁にも恵まれ、大変縁起が良いと言われています。 作者 大森孝志 略歴 高岡市生まれ 昭和46年 国指定無形文化財保持者・須賀松園先生に師事 松園工房入門 昭和48年 日展初入選 日本現代工芸展 初入選 以後数回入選 昭和49・51・54年 日展入選 昭和55年 日本新工芸展 初入選 昭和56年 日本新工芸展 奨励賞受賞 以後数回入選 昭和59年 日展入選 平成元・2年 日展入選 平成3年 高岡市伝統工芸産業優秀技術者表彰受賞(蝋型鋳造部門) 材質 銅製 本体寸法 幅9.2×奥行9×高10.4cm 板寸法 24×12cm 特典 塗板・桐箱付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
干支 酉(鳥)の置物/仲よし(金箔) 文化勲章受章者・富永直樹作品

美術工芸の檜屋

270,000

干支 酉(鳥)の置物/仲よし(金箔) 文化勲章受章者・富永直樹作品

高岡銅器の干支 酉(鶏)の置物 仲よし(金箔) 作家 富永直樹(彫刻・物故)文化勲章受章 作者詳細 昭和11年 文展「F子の首」初入選 昭和25年 第6回日展「殊勲者」特選受賞(以後3年連続受賞) 昭和43年 第11回日展「平和の叫び」文部大臣賞受賞 昭和47年 日本彫塑会理事に就任。 第3回日展「新風」により日本芸術院賞受賞 昭和50年 原爆戦災復興記念碑「椿咲く丘」長崎平和公園内に建立 昭和56年 紺綬褒章受章 昭和57年 「富永直樹彫刻作品集」出版 昭和58年 「富永直樹彫刻50年展」開催 昭和59年 文化功労者顕彰 平成元年 文化勲章受章 平成2年 長崎県名誉県民となる 平成9年 新宿区名誉区民第一号の称号を授与さる 平成18年 逝去 酉の縁起 神の使いであるとされる酉は、時を知らせる役割を持ち、十二支の中でも、とくに家禽として古来より親しまれてきました。 声高らかに夜明けを告げ、羽毛の下で命の恵みを温め、せわしく啄むさまは、勤勉なる日々の尊さを象徴し、豊かな富を“とりこむ"酉として崇められてきました。商売に縁起の良い干支とされ、貴家の末永い幸せと健康を招く縁起物の置物です。 材質 鋳銅製・本金箔貼 寸法 幅39×奥行14×高26cm 付属 塗板・桐箱 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

送料無料
明治の巨匠・高村光雲作品 干支・戌の置物/肉池 福犬 銀メッキ 高岡銅器

美術工芸の檜屋

11,880

明治の巨匠・高村光雲作品 干支・戌の置物/肉池 福犬 銀メッキ 高岡銅器

高岡銅器の干支 戌、犬の置物 肉池 福犬 銀メッキ 戌の縁起 本年は「戌」の年。犬は社会性があり、忠実な動物で、人との付き合いも古く親しみ深い動物です。また、犬はお産が軽いとされることから、安産祈願は、戌の日が吉日とされ、帯祝いなどにはこの日を選ぶ風習があります。新しい年を迎え、貴家の末永い幸せと健康をもたらしてくれる縁起のよい置物として、お求めいただけますれば幸いです。 作者 高村光雲 略歴 文久3年 仏師・高村東雲に入門 明治7年 師に認められて高村光雲を名乗る 明治10年 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞 明治19年 東京彫工会設立 明治20年 皇居造営、葡萄に栗鼠制作 明治23年 東京美術学校教授(現在東京芸術大学)帝室技芸員拝命 明治30年 古社保存委員 明治40年 文展審査員 大正8年 帝国美術院会員 昭和4年 国宝保存会委員 昭和9年 83歳で逝去 彫刻家・高村光太郎及び金工家 人間国宝・高村豊周の父 材質 鋳銅製 本体寸法 直径7.5×高2.5cm 特典 桐箱付 高岡銅器とは 芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超えて、現代の様々な生活シーンを演出致します。現代に煌めく四百年の伝統美 高岡銅器

インテリア・家具のランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク