メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「モリス」検索結果。

モリスの商品検索結果全751件中1~60件目

約145×150cm モリス柄モチーフのれん

ディノス

8,424

約145×150cm モリス柄モチーフのれん

光を透過するボイル素材ののれんで優雅に部屋を間仕切る。優れたデザインはウィリアムモリスならでは。 風通しを保ちながら、玄関とリビング、キッチンとリビングの視線を遮りたい。そんなときに機能を発揮するのがのれんです。モリスのパターンとボイルの風合いなら、洋のインテリアにもぴったり。柄は2柄、各柄2色をご用意。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834〜1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人、グラフィックデザイナー、出版人、社会主義活動家と多彩な顔を持ち、それぞれの分野で目覚ましい業績を残した。アーツ&クラフツ運動に影響を与え、近代デザインの父とも呼ばれる。

約145×90cm モリス柄モチーフのれん

ディノス

6,264

約145×90cm モリス柄モチーフのれん

光を透過するボイル素材ののれんで優雅に部屋を間仕切る。優れたデザインはウィリアムモリスならでは。 風通しを保ちながら、玄関とリビング、キッチンとリビングの視線を遮りたい。そんなときに機能を発揮するのがのれんです。モリスのパターンとボイルの風合いなら、洋のインテリアにもぴったり。柄は2柄、各柄2色をご用意。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834〜1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人、グラフィックデザイナー、出版人、社会主義活動家と多彩な顔を持ち、それぞれの分野で目覚ましい業績を残した。アーツ&クラフツ運動に影響を与え、近代デザインの父とも呼ばれる。

ウィリアム・モリス生地使用 パーソナルチェア(一人掛けソファ)

ディノス

107,892

ウィリアム・モリス生地使用 パーソナルチェア(一人掛けソファ)

ウィリアム・モリスの人気の「ウィローボウ」「ブラックソーン」柄の生地を全面に使用し、国内工場で一点ずつ仕上げた贅沢な椅子。ソファと同じ構造でスプリングとウレタンを内蔵しているのでゆったりとした座り心地です。長年愛される英国デザインを取り入れればヨーロッパ風のお部屋インテリアに。 1834年に生まれたウィリアム・モリスは、ロンドン郊外の田園風景の中で育ちました。そこで目にした森の木々や季節ごとに咲き誇る花、果実をついばみに庭を訪れる鳥たちが、彼独特の植物文様デザインの原風景に。自然から得たインスピレーションによって育まれた詩情豊かな植物デザインを、暮らしを彩るファブリックに仕立てました。150年の時を経て今なお愛されるモリスデザインが、お部屋に英国の洗練をもたらします。ウィリアム・モリスの生地を全面に使用し、国内工場で一点ずつ仕上げた贅沢なソファ。ゆったりとした座り心地です。Designed by William Morris ウィリアム・モリス19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍したウィリアム・モリス。彼はインテリアデザイナーであるとともに、画家や詩人など多彩な顔を持ち、各分野で業績を残しました。アーツ&クラフツ運動にも影響を与え、近代デザインの父とも呼ばれています。

モリス ジャカード織クッションカバー〈ウィローボウ〉

ディノス

7,560

モリス ジャカード織クッションカバー〈ウィローボウ〉

家具の上のモリスミュージアム。自然に触発されたボタニカル柄を、クッションに ウィリアムモリスのパターンは、壁紙やファブリックに多く使われていますが、気軽に取り入れられるといったら、クッションカバーやシートクッションでしょう。ジャカード織りの細かい柄表現は日本製ならでは。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834〜1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人、グラフィックデザイナー、出版人、社会主義活動家と多彩な顔を持ち、それぞれの分野で目覚ましい業績を残した。アーツ&クラフツ運動に影響を与え、近代デザインの父とも呼ばれる。

モリス ジャカード織フロアークッション 〈レスターアカンサス〉

ディノス

27,972

モリス ジャカード織フロアークッション 〈レスターアカンサス〉

ジャカード織の美しい柄のモリスのフロアークッション。大き目タイプでも、中材入りだから届いてすぐに使えます。 上質な素材感と美しい柄のモリスのクッション。ジャカード織で細かい柄を表現しています。床に置いてもベッドサイドでも。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834〜1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人、グラフィックデザイナー、出版人、社会主義活動家と多彩な顔を持ち、それぞれの分野で目覚ましい業績を残した。アーツ&クラフツ運動に影響を与え、近代デザインの父とも呼ばれる。

ノーマルタイプ〈ピンク&ローズ〉 モリスシートクッション

ディノス

9,180

ノーマルタイプ〈ピンク&ローズ〉 モリスシートクッション

ダイニングや書斎の新必需品。モリスのシートクッションでくつろぎを。 モリスのパターンは、壁紙やファブリックに多く使われていますが、気軽に取り入れられるといったら、クッションカバーやシートクッションでしょう。ゆったりサイズのシートクッション。「ノーマルタイプ」は固わた入りで底付き感を軽減し、ブレスエアー(R)とV-Lap(R)の機能素材をダブルで使用している「機能材入りタイプ」のものは、体圧を分散させるため、長い時間座っていても疲れません。ジャカード織りの細かい柄表現は日本製ならでは。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834〜1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人、グラフィックデザイナー、出版人、社会主義活動家と多彩な顔を持ち、それぞれの分野で目覚ましい業績を残した。アーツ&クラフツ運動に影響を与え、近代デザインの父とも呼ばれる。

約60×90cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

ディノス

11,880

約60×90cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

「暮らしの中にアートを」。その第一歩をモリスのマットで実現。モチーフはモリスデザインの中でも人気の高い「いちごどろぼう」。 19世紀の英国で活躍したウィリアム・モリスは、日常の暮らしの中でこそ美しいものを使うことを提案した芸術家。そのデザインは今なお、多くの人を魅了します。そんなモリスのあでやかなデザインを、繊細な表現を可能にするゴブラン織りで再現しました。織物のため比較的薄手なので、玄関マットとしてはもちろん、ドア前に置いても開閉の邪魔になにくく、リビングやベッドサイドマットにしてもおすすめです。ビロード状の毛羽があるシェニール糸をふんだんに使用しているため高級感があります。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために...

ダブルロング 掛け布団カバー(モリス・ギャラリー カバーリング〈ピンパーネル〉)

ディノス

11,880

ダブルロング 掛け布団カバー(モリス・ギャラリー カバーリング〈ピンパーネル〉)

モリスの花園に包まれて眠る幸福な夏のひととき。モリス・ギャラリー〈ピンパーネル〉柄の掛け布団カバー。 寝苦しい夜も、モリスのベッドリネンならさわやかな夢を見られそう。ドビー織りは吸湿性があるので、肌触りもサラッと。花びらを揺らしながら風に吹かれるはこべの花を、流れるようなラインの葉に取り囲まれるように描いた印象的な図柄。モリス自身もお気に入りだったらしく、ロンドンの自宅「ケルムスコット・ハウス」のダイニングに使ったことでも有名です。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834〜1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人、グラフィックデザイナー、出版人、社会主義活動家と多彩な顔を持ち、それぞれの分野で目覚ましい業績を残した。アーツ&クラフツ運動に影響を与え、近代デザインの父とも呼ばれる。

モリス ジャカード織クッションカバー〈いちご泥棒〉

ディノス

9,720

モリス ジャカード織クッションカバー〈いちご泥棒〉

家具の上のモリスミュージアム。自然に触発されたボタニカル柄を、クッションに。人気の「いちごどろぼう」 ウィリアムモリスのパターンは、壁紙やファブリックに多く使われていますが、気軽に取り入れられるといったら、クッションカバーやシートクッションでしょう。ジャカード織りの細かい柄表現は日本製ならでは。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834〜1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人、グラフィックデザイナー、出版人、社会主義活動家と多彩な顔を持ち、それぞれの分野で目覚ましい業績を残した。アーツ&クラフツ運動に影響を与え、近代デザインの父とも呼ばれる。

インテリア・家具のランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク