メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「クッション カバー」検索結果。

クッション カバーの商品検索結果全20,400件中1~60件目

スペイン製フィットカバー Camboya カンボヤ クッションカバー 45cm角用 1枚

ディノス

4,104

スペイン製フィットカバー Camboya カンボヤ クッションカバー 45cm角用 1枚

上質なタオルのような手触りのよさとふっくらとした厚みが魅力のハイグレードタイプ。ストレッチ生地が気持ちいいクッションカバーです。 進化したシェニール糸で柔らかさを追求しました。シェニール糸の柔らかな起毛感が、まるで上質なタオルのような手触りの心地よさ。しっかりとした厚みが魅力のハイグレードタイプです。裾は太めのゴムを配することでソファにかけてもズレにくく、使いやすい機能にこだわりました。色もシックなカラーでまとめて、ラグジュアリーな印象。赤みと黄味のバランスがよい、インテリアとして使いやすいベージュ。まるで、デニムのような深みのあるブルー。杢調のグレーは、北欧インテリアにもなじむキレイなグレーです。オレンジは、テラコッタ系の落ち着いたオレンジ。赤みのあるブラウンのレザーソファなどの印象に色の雰囲気が近いです。新色のアイボリーは、インテリアになじみやすい落ち着いた白系。色にこだわってセレクトしたラインですので、どの色も上質な印象にまとまります。タテヨコストレッチの生地を使用。ストレッチ性に優れた素材を使っているのでヌードクッションにぴったりとかかるタイプです。

【日本製】ウール100%ライトカバー クッションカバー

ディノス

3,780

【日本製】ウール100%ライトカバー クッションカバー

スーツ地のような、なめらかなウール100%。ユニセックスなピンストライプは飽きのこない定番のシンボル。 ■薄くてあたたか、ウール100%のマルチカバー適度な薄さと、軽さ、天然ウールの柔らかさと温かさを十分に生かして、シンプルなデザインの中に上質な生地の光沢が生きるマルチケットを作りました。天然繊維のウールは、素材の特徴として(1)吸放湿性に優れ、蒸れずに爽やか(2)保温性があり、心地よい温かさをキープ(3)弾力があって、丈夫な素材■ユニセックスなピンストライプまるでスーツ地のようななめらかなウール地をピンストライプのデザインに仕上げました。飽きのこない定番デザインで、上質なインテリアに仕上げます。色は、ネイビーとライトグレーの2配色。■生地から国内で丁寧に作っている、国産品世界でも屈指の高級毛織物の産地、愛知で織り上げられた生地。国産の細やかな仕上がりの美しさが光ります。ハウススタイリング発ファブリックシリーズ 【TOUCH&FEEL by HOUSE STYLING】TOUCH&FEEL by HOUSESTYLING(タッチアンドフィール バイ ハウススタイリング)は、「肌が触れて、感じて、心が満たされる」ハウススタイリング発のファブリックシリーズ。超長綿、リネン、ウールなど上質な天然素材を中心に、シンプルでありながら、触れるだけで心から心地よいと感じるアイテムを展開いたします。機能性とデザイン性を重視しながらも、何より日々の生活に寄り添う、リラクシングな空間と、上質な時間を演出するハウススタイリングならではの贅沢なベーシックファブリックです。

モリス ジャカード織クッションカバー〈レスターアカンサス〉

ディノス

8,640

モリス ジャカード織クッションカバー〈レスターアカンサス〉

家具の上のモリスミュージアム。自然に触発されたボタニカル柄を、クッションに。「レスターアカンサス」柄。 ウィリアムモリスのパターンは、壁紙やファブリックに多く使われていますが、気軽に取り入れられるといったら、クッションカバーやシートクッションでしょう。ジャカード織りの細かい柄表現は日本製ならでは。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834〜1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人、グラフィックデザイナー、出版人、社会主義活動家と多彩な顔を持ち、それぞれの分野で目覚ましい業績を残した。アーツ&クラフツ運動に影響を与え、近代デザインの父とも呼ばれる。

モリス ジャカード織クッションカバー〈ウィローボウ〉

ディノス

7,560

モリス ジャカード織クッションカバー〈ウィローボウ〉

家具の上のモリスミュージアム。自然に触発されたボタニカル柄を、クッションに ウィリアムモリスのパターンは、壁紙やファブリックに多く使われていますが、気軽に取り入れられるといったら、クッションカバーやシートクッションでしょう。ジャカード織りの細かい柄表現は日本製ならでは。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。William Morris(1834〜1896年)19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人、グラフィックデザイナー、出版人、社会主義活動家と多彩な顔を持ち、それぞれの分野で目覚ましい業績を残した。アーツ&クラフツ運動に影響を与え、近代デザインの父とも呼ばれる。

インテリア・家具のランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク